「What do you make of」の意味と使い方。何故この意味になる?

 

 

What do you make of の意味と使い方

 

What do you make of ~?」にはいくつかの訳し方があります。

 

訳し方

 

~をどう思いますか?

 

~のことをどう考えますか?

 

~をどう理解していますか?

 

~をどう解釈しますか?

 

 

このように、相手の意見を聞く時のフレーズとして使われます。

 

何故この意味になるのか

 

make は「作る」以外に「~を構成する」や、「make A B」で「AをBだと考える」という意味があります。

 

 

そこから、

 

What do you make of = 何を頭の中で作る = どう考える / どう理解する

 

のイメージが生まれます。

 

 

頭の中でピースを組み立てて1つの解釈を作るイメージです。

 

 

What do you make of と What do you think of の違い

 

似たフレーズに「What do you think of ~」があります。

 

これは日本語の「~のことをどう思う?」とほぼ同じです。

 

 

 

一方、「What do you make of ~」は「~についてどういう意見を持ちますか?」や「~をどう見ていますか?」に近いです。

 

 

例えば、ぱっと見では意味が分からない現代美術を見て「What do you make of this?」と言った時。

 

これ何だと思う?」や「これはどういう意味だと思う?」というニュアンスになります。

 

 

 

What do you make of her?」なら「彼女のことをどう思いますか?」です。

 

が、ニュアンス的には「彼女にどのような印象を持っていますか?」になります。

 

 

日本語に訳した際はいずれも「どう思う?」で通じますが、英語のニュアンスと完全にはイコールにならないため、直訳しにくいフレーズです。

 

そのため、先述のような「いくつかの訳し方」が生まれます。

 

What do you make of の例文

 

What do you make of this?

 

→これどう思いますか?

 

 

What do you make of her opinion?

 

→彼女の意見をどう思いますか?

 

 

What do you make of this situation?

 

→この状況をどう考えていますか?

 

 

What do you make of the following passage.

 

→以下の一節をどう考えますか?(どう解釈しますか?)