「What happened to」の意味と2つのニュアンスを例文を交えて比較

 

 

What happened to の意味と2つのニュアンス

 

what happened to ~」をそのまま訳すと「~に何が起こったの?」です。

 

 

しかし、これには「何が起こったの?」の意味を含みつつ、

 

どうしたの?

どうなったの?

 

という2つのニュアンスと使い方があります。

 

 

それを1つずつ見ていきます。

 

「どうしたの?」の what happened 

 

この意味の使い方で有名な例文は、

 

What happened to you?

 

です。

 

意味は、相手が怪我をしていたり、どうにかなっている時の「どうしたの?」です。

 

 

具体的にする場合は、

What happened to your arm?

 

→腕どうしたの?

 

 

What happened to your hair?

 

→髪型どうした?

 

 

What happened to her voice?

 

→彼女の声どうした?

(声がガラガラの彼女に対して)

 

と言うこともできます。

 

これは「~に何が起こったの?」でも意味は通じます。

 

「どうなったの?」の what happened

 

少し意味が取りにくいのが、こちらの「どうなったの?」です。

 

これには「無くなった」や「どこ行った」のニュアンスが含まれます。

 

 

例えば、「What happened to our plans?」。

 

この文は「私たちの予定はどうなったの?」という意味です。

 

ここには「あの予定の話が全然進んでいないんだけど、無くなったの? どうすんの?」のニュアンスがあります。

 

 

 

・「What happened to my shoes?

 

意味は「私の靴どこ行った?」です。

 

「靴が無くなるような何かが起こった?」で、あるはずの自分の靴が見当たらない状況です。

 

 

 

・「What happened to the nice weather?

 

意味は「いい天気はどこ行った?」でこれでも通じますが、要は「いい天気ではなくなってしまった」になります。

 

 

 

・「What happened to him coming?

 

意味は「彼が来るのはどうなったの?」ですが、これは「彼が来ると思っていたんだけど、彼はどうしたの?」のニュアンスを含みます。

 

つまり、彼は来ていないことになります。

 

カジュアルな日本語で言うと「彼、来るんじゃなかったっけ?」に近いです。

 

 

 

・「What happened to coming home early today?

 

意味は「今日早く帰って来ることはどうしたの?」=「今日早く帰って来るんじゃなかったっけ?」となります。

 

「早く帰って来る話は無くなったの?」のニュアンスです。

 

2つの意味が重なる場合

 

1つ目と2つ目の意味が重なる場合もあります。

 

 

What happened to my camera?

 

意味は「私のカメラどうした?」です。

 

 

この「どうした?」は、

 

カメラに何が起こったのか(壊れたり傷が付いたりなど)

カメラはどこに行ったのか

 

の2つの意味が取れるため、文脈で判断することになります。

 

この辺りは日本語の「どうした?」の使い方に似ています。

 

 

よって、「what happened to」には「~に何が起こったの?」の意味が根底にあると頭に入れつつ、日本語の「どうした」から意味を考える方が分かりやすいかもしれません。