MENU

仮定法「would」で簡単な提案をする使い方|What would you do? の応用

 

 

仮定法 would で提案をする使い方

 

仮定法「would」は「もしも~なら」という意味で使われます。

 

この would を使い、簡単なアドバイスや提案をするフレーズを作ることができます。

 

 

例えば、誰かに「行った方がいいかな?」と聞かれた時。

 

・「I would go.」なら「私だったら行きます

・「I wouldn't go.」なら「私だったら行かないけど

 

という、自分の意見を混ぜつつアドバイスをするフレーズとして使えます。

 

 

フルセンテンスだと「If I were you, I would ~?」になります。

 

が、会話では If I were you, は省略され、「I'd +動詞の原形」の形で使われることが一般的です。

 

このように省略されると、他の使い方(will の過去形として使う場合など)と混同するのではと思う人もいますが、間違いません。

 

何故なら、文脈で分かるからです。

 

would と should との違い

 

should」も相手に提案する時に使います。

 

You should go.」なら「行った方がいいよ」です。

 

 

この should と would の違いは、日本語にした時に受ける感覚と同じ感覚を持ちます。

 

should は「~した方がいいよ」という少し直接的なアドバイス

 

would は間接的に「私だった~するよ」という控えめなアドバイス

 

What would you do? の意味

 

この意味の would を使った有名なフレーズに「What would you do?」があります。

 

意味は「もしあなただったらどうしますか?」です。

 

例文

A「If you won the lottery, what would you do?」

 

B「I'd quit job.」

 

 

A「もし宝くじが当たったら、あなたならどうしますか?」

 

B「私だったら仕事を辞めます」

 

What would you do? の応用

 

What would you do? を応用することもできます。

 

 

例えば、「What would you recommend?」。

 

これは「あなただったら何をおススメしますか?」になります。

 

 

また、「Would you apologize?」=「あなただったら謝りますか?」のような使い方も可能です。

 

 

これも依頼の「Would you ~?(~してくれますか?)」との違いは文脈で判断することになります。

 

これは「Do you want to ~?」が「~したいですか?」なのか「~しませんか?」なのかの違いに似ています。

 

would の例文

 

I'd call him.

→私だったら彼に電話します。

 


I'd take the train.

→私だったら電車で行きます。

 

 

I'd be happy.

→私だったら嬉しいよ。

 

 

I'd be angry.

→私だったら怒るけどな。

 

 

I'd choose this one.

→私だったらこれを選びます。

 

 

I’d recommend swimming.

→私なら水泳をおすすめします。

 

 

I would'nt eat it.

→私だったら食べません。

 

 

I wouldn't answer the phone.

→私だったら電話に答えません。

 

 

I wouldn't wait.

→私だったら待ちません。

 

 

I wouldn't worry.

→私だったら心配しません。

 

 

Would you try this?

→あなただったらこれやる?

 

 

Would you date someone that smokes cigarettes?

→あなただったら煙草を吸う人と付き合いますか?