「Would you be willing to」の意味と答え方【依頼フレーズ】

 

 

「Would you be willing to」の意味

 

willing」は「~しても構わない」「~する意思がある」「~するのをいとわない」のような訳語が当てられています。

 

そこから、「Would you be willing to ~」を直訳すると「あなたは~する意思がありますか?」になり、日本語で考えると少し威圧的な感じがします。

 

しかし、「Would you be willing to ~」は丁寧な言い方で、ビジネスメールなどにも使われます。

 

日本語的に言うと、

 

~して頂けますか?

~して頂いてもよろしいでしょうか?

~して下さいますか?

 

などになり、強制や義務ではなく、自発的に何かをやって欲しい場合の依頼やお願いフレーズです。

 

そう考えると、「~する意思があるか」というニュアンスが根底には残っていると思います。

 

「Would you be willing to」への答え方

 

「willing」の意味から、答え方は少し迷いがちです。

 

が、素直にやる意思がある場合は Yes、無い場合は No の返事をします。

 

他にも、「Of course!(もちろん!)」や「No, absolutely not!(絶対嫌です!)」のような肯定・否定の表現も可能です。

 

「Would you be willing to」の例文

 

Would you be willing to help me?

→手助けして頂けますか?

 

Would you be willing to show me your book collection?

→あなたの本のコレクションを見せていただけますか?

 

Would you be willing to share this?

→これをシェアして頂いてもよろしいですか?

 

Would you be willing to spend the day with me?

→私と一緒に1日を過ごして頂けますか?

 

How much would you be willing to pay?

→いくら出せますか?