「Would you care to」の意味。「Would you like to」「Do you want to」との違いとは?

 

 

「Would you care to」の意味

 

Would you care to」を簡単に言うと、「Would you like to」の仲間です。

 

~しませんか?」という意味で、相手を誘ったり意思を尋ねる、より丁寧なフレーズになります。

 

文脈によっては「~してくれませんか?」という依頼の意味にもなります。

 

よって、Would you like to とほぼ意味と同じ使い方をします。

 

 

また、「Would you」が省略された「Care to do ~?」の形になると、少しカジュアルになります。

 

日本語的に言うと、「~しませんか?」と「~しません?」の違いに近いかもしれません。

 

「Would you care to」と「Do you want to」の違い

 

よりカジュアルなフレーズに「Do you want to ~?」があります。

 

こちらも意味は「~しない?」と相手を誘っている表現で、上記の care to や Would you like to と同じ使い方をしています。

 

こちらも文脈によって「~してくれない?」という、親しい人同士のカジュアルな依頼になります。

 

意味的には「Can you ~?」と同じです。

 

want to を「~したい」とだけ覚えていると、混乱しがちになるので注意が必要なフレーズです。

 

「care to」が丁寧になる理由

 

では、何故 care to が丁寧になるのかと言うと、直訳した方がイメージしやすくなります。

 

ここでの「care to」は「~したいと思う」や「~することを希望する」として使われています。

 

「want to ~?」は「~したいですか?」

「care to ~?」は「~したいと思いますか?」「~することを希望しますか?」

 

したいかどうかを直接尋ねるのではなく、したいと思うかと間接的に聞くことにより、丁寧さが出ていると考えると分かりやすと思います。

 

英語の場合、間接的だったり文章が長くなるほど丁寧になる傾向があります。

 

「care to」の例文

 

Would you care to come with us?

→私たちと一緒に来ませんか?

 

Would you care to join us?

→一緒に参加しませんか?

 

Care to join us?

→あなたも参加しない?

 

Would you care to join me for a drink after work?

→仕事の後に飲みに行きませんか?

 

Would you care to join us for dinner?

→一緒に夕食はどうですか?

 

Would you care to explain?

→説明して頂けますか?

 

Would you care to elaborate?

→詳しく述べていただけますか?

 

Would you like to help me?

→手伝ってくれますか?