MENU

提案する時に使う「could」の意味と使い方

 

 

提案を意味する could の使い方

 

could提案や申し出をする時によく使われます。

 

 

例えば、相手が目的地までどうやって行こうか迷っている時、

 

You could take the train.

 

と言えば、「電車で行くのはどうですか?」となります。

 

 

この could は仮定法として使われているので、「仮に~するのはどうですか?」のような軽い提案を表します。

 

あくまで仮の話なので、押し付けがましくなく、強制でもありません。

 

 

一方、「should」も相手への提案を表しますが、sould の方が「した方が良いよ感」が強くなります。

 

 

また、「I could help you.(私が手伝いましょうか?)」のように、自分が何かをする提案をすることもできます。

 

 

更に、お互いに何かをする場合は「We」が使われます。

 

例文

A「What do you want to do today?

 

B「We could see a movie.

 

 

A「今日は何する?

 

B「映画を見に行くのはどう?

 

このように、複数人を含めた提案をすることもできます。

 

 

控えめな提案を表すフレーズには「You might want to ~」もあります。

 

相手への提案を意味する「You might want to」の使い方

 

他の用法と間違わない?

 

could には、能力・可能、可能性、依頼・許可、比喩的表現など、多くの意味があります。

 

そこで心配なのが、提案をする could と他の用法を間違うのでは? という点です。

 

 

提案の could に関しては、ほぼ必ず流れがあります。

 

唐突に何かを提案する人はいないですし、文脈や物事の流れで「~はどう?」や「~したら?」となります。

 

そこは日本語と同じです。

 

 

ただ、実践するとなると、難しいのが正直なところです。

 

とにかくたくさん英語に触れて、色々な文章を見聞きして慣れるのが一番かもしれません。

 

提案の could の例文

 

You could read this book.

→この本を読むのはどうですか?

 

 

You could give her flowers.

→彼女に花をあげるのはどうですか?

 

 

You could ask him out.

→彼をデートに誘ってみるのはどうですか?

 

 

We could eat pasta.

→パスタを食べるのはどう?

 

 

We could go for Chinese food.

→中華料理を食べに行くのは?

 

 

We could get some lunch or something.

→お昼を食べるか何かどう?

 

 

"Naomi likes to show off her perfect figure. I wish I were thin like her. I envy her."

"You could go on a diet."

→「ナオミは自分の完璧なスタイルをひけらかしたがる。私も彼女みたいに痩せていればなあ」

「ダイエットすれば」

(DUO3.0 より)