ALLを主語にする文法「All + 主語 + 動詞 + is」の使い方まとめ

主語ALL の意味と使い方 主語All の種類と使い分け All I’m saying is + 文章 の意味 オール・ユー・ニード・イズ・キル の意味と文法 ビートルズの All you need is love All you have to do is の意味 主語All の例文 主語ALL の意味と使い方 主語にAllを…

例文で見る「hear that SV」と知覚動詞「hear +O +do」の違い。分詞が使われる場合とは?

「hear that SV」と知覚動詞「hear+O+C」の違い hear that SV の意味 知覚動詞「hear +O + do」の意味 hear O doing になる場合 hear O 過去分詞 になる場合 hear that と 知覚動詞 hear の例文 まとめ 「hear that SV」と知覚動詞「hear+O+C」の違い ・「he…

英語で「どのくらい~なの?」を表せる簡単な方法と応用

英語で「どのくらい~なの?」 「どのくらい」の応用と例文 英語で「どのくらい~なの?」 英語で「どのくらい~なの?」と言いたい場合は「How + 形容詞 + 疑問文」で表すことができます。 代表的なフレーズは「How old are you?」です。 英語的には「どれ…

英語の疑問文の語尾を上げるか下げるか1発で分かる方法

英語の疑問文の語尾の法則 平叙文で語尾を上げる 「or」「and」パターン 注意点 まとめ 英語の疑問文の語尾の法則 英語の疑問文は語尾を上げるイメージがあり、疑問文なら何でも語尾を上げてしまいがちです。 しかし、語尾が上がるパターンと下がるパターン…

「Just because ~, doesn't mean ~」の意味と使い方を例文を交えて解説!

「Just because ~ doesn't mean ~」の意味と使い方 マリリン・モンローの言葉 「Just because ~, doesn't mean ~」の例文 「Just because ~ doesn't mean ~」の意味と使い方 「Just because A, doesn't mean B」の意味は「Aだからと言って、Bだとは限…

「Let there be」の意味と文法。「Let there be light」の意味とは

Let there be の意味 Let there be の文法と使い方 Let there be の例文 Let there be の意味 「Let there be ~」は「~がありますように」と訳されます。 よく知られているのは、 「And God said, Let there be light: and there was light.」 という聖書…

現在進行形(be + ing)が未来の予定を表す理由。その本当のニュアンスとは

未来の予定を表す現在進行形(be + ing)の範囲 なぜ現在進行形が未来の予定を表すのか 未来の予定を表す現在進行形(be + ing)の範囲 現在進行形(be + ing)は「~している」という現在やっていることを表す以外に、未来の予定を表すことができます。 文…

ネイティブが多用する「get」の13の使い方を例文を交えて解説!

「get」は基本的な単語でありながら、意味と使い方はかなり多いです。 その分、get を使いこなせると、言えることが格段に増えます。 今回は、そんな get の使い方を例文を交えながら、1つずつ見ていこうと思います。 手に入れる get あげる get 到着する ge…

「woulda」「shoulda」「coulda」の意味と使い方【仮定法過去完了とは】

「woulda」「shoulda」「coulda」の意味と使い方 仮定法過去完了とは 「Shoulda,woulda,coulda」の意味 「woulda」「shoulda」「coulda」の意味と使い方 「woulda(ウダ)」「shoulda(シュダ)」「coulda(クダ)」は 「would've」「should've」「could've…

英文法の重要性と必要性。文法とは何かを知れば英文法の役割も分かる

英語を学ぶ上で、文法の学習は重要です。 と言われますが、なぜ重要なのか、なぜ必要なのか、何の役に立つのか。 そして、それとは逆に、英文法不要論も見かけることがあります。 そこで今回は、文法についての話をしていこうと思います。 文法とは何か 英文…

月は the moon なのに、満月だと "a moon" になる理由【冠詞】

月に「the」が付く理由 月が「a」になる理由 月へ行く 「the」から「a」になるもの 月に「the」が付く理由 月は英語で「the moon」です。 なぜ「the」なのかと言うと、「この世に1つしかないものや、1つと特定できるものだから」と説明されます。 同じような…

「make oneself understood」の意味と使い方を文法から解説!

「make oneself understood」の意味と使い方とは。 そして、なぜこのような形になるのでしょうか。 文法の解説も踏まえて、1つずつ見ていきます。 make oneself understood の意味 make oneself understood の解説 make oneself understood の文法 「make my…

「would often」と「used to」の使い方とニュアンスの違いを1つずつ解説!

「would often」と「used to」 これらはどちらも「よく~したものだった」という訳が当てられます。 しかし、英語のニュアンスは少し異なります。 それらの使い分けや意味を1つずつ見ていこうと思います。 「would often」と「used to」の違い 「would often…

have to と must のニュアンスの違いを分かりやすく比較

「have to」と「must」はどちらも「~しなければならない」と訳されます。 しかし、日本語は同じでも、そのニュアンスが異なります。 それらのニュアンスの違いを肯定文・否定文に分けて1つずつ見ていきます。 肯定文の have to のニュアンス 仕方なくしなけ…