「woulda」「shoulda」「coulda」の意味と使い方【仮定法過去完了とは】

「woulda」「shoulda」「coulda」の意味と使い方 仮定法過去完了とは 「Shoulda,woulda,coulda」の意味 「woulda」「shoulda」「coulda」の意味と使い方 「woulda(ウダ)」「shoulda(シュダ)」「coulda(クダ)」は 「would've」「should've」「could've…

英文法の重要性と必要性。そもそも文法とは何か

英語を学ぶ上で、文法の学習は重要です。 と言われますが、では、なぜ重要なのか、なぜ必要なのか、何の役に立つのか。 そして、それとは逆に、英文法不要論も見かけることがあります。 そこで今回は、文法についての話をしていこうと思います。 文法とは何…

月は the moon なのに、満月だと "a moon" になる理由【冠詞】

月に「the」が付く理由 月が「a」になる理由 月へ行く 「the」から「a」になるもの 月に「the」が付く理由 月は英語で「the moon」です。 なぜ「the」なのかと言うと、「この世に1つしかないものや、1つと特定できるものだから」と説明されます。 同じような…

「make oneself understood」の意味と使い方を文法から解説!

「make oneself understood」の意味と使い方とは。 そして、なぜこのような形になるのでしょうか。 文法の解説も踏まえて、1つずつ見ていきます。 make oneself understood の意味 make oneself understood の解説 make oneself understood の文法 「make my…

「would often」と「used to」の使い方とニュアンスの違いを1つずつ解説!

「would often」と「used to」 これらはどちらも「よく~したものだった」という訳が当てられます。 しかし、英語のニュアンスは少し異なります。 それらの使い分けや意味を1つずつ見ていこうと思います。 「would often」と「used to」の違い 「would often…

「have to」と「must」の違い

「have to」と「must」はどちらも「~しなければならない」と訳されます。 しかし、日本語は同じでも、そのニュアンスが異なります。 それらのニュアンスの違いを肯定文・否定文に分けて1つずつ見ていきます。 肯定文の「have to」 仕方なくしなければならな…