例文で見る「hear that SV」と知覚動詞「hear +O +do」の違い。分詞が使われる場合とは?

「hear that SV」と知覚動詞「hear+O+C」の違い hear that SV の意味 知覚動詞「hear +O + do」の意味 hear O doing になる場合 hear O 過去分詞 になる場合 hear that と 知覚動詞 hear の例文 まとめ 「hear that SV」と知覚動詞「hear+O+C」の違い ・「he…

stem from の意味と使い方。同音異義語の2つの stem

stem from の意味 動詞 stem の意味 名詞「stem」の意味 stem from の例文 stem from の意味 「stem from」には、 ・~から生じる ・~に起因する ・~が原因である という意味があります。 これは堅い言葉なので日常会話ではあまり出てきませんが、ニュース…

「共感する」という意味の「relate」の使い方

「共感する」という意味の「relate」の使い方 relate の例文 「共感する」という意味の「relate」の使い方 「relate」の意味は「~を関連付ける」、「関連がある」や「関連する」などが有名です。 しかしそれ以外にも、自動詞「relate」には「共感する」や「…

「be in need of」の意味。「need」「in need」との違いとは?

be in need of の意味と need との違い in need の意味 A friend in need is a friend indeed. の意味 in need の例文 be in need of の意味と need との違い 「be in need of ~」の意味は「~を必要としている」や「~が必要だ」です。 文脈によっては「~…

take effect の意味と使い方

take effect の意味 take effect の例文 take effect の意味 「take effect」の意味は「(法律などが)施行する」や「(薬などが)効く」で、自動詞的に使われます。 「effect」は「影響」や「効果」、「(薬などの)効用・ききめ」を表す名詞です。 いずれ…

「cease to exist」の意味と「cease to」の使い方

「cease to exist」の意味 例文 「cease to exist」の意味 「cease(シース)」の意味は、 ・自動詞「止む」「終わる」 ・他動詞「~をやめる」「~を終える」 そして、「cease to +動詞の原形」で「~することをやめる / 終える」という使い方をします。 …

「be poised to(for)」の意味と使い方。「poise」の語源とは

「be poised to(for)」の意味と使い方 「poise」の意味 「be poised」の例文 「be poised to(for)」の意味と使い方 「be poised」は「準備ができている」や「態勢が整う」という意味です。 後ろには「to」か「for」が置かれます。 「be poised to do」の…

「再確認する」を英語で言うと? ビジネスでの重要表現

英語で「再確認する」 reconfirm の意味 例文 英語で「再確認する」 「再確認する」を英語では「double check」と言い、主にビジネスや接客で使われます。 この形で動詞として使われ、過去形・過去分詞は「double checked」、現在分詞は「double checking」…

「abound」の意味と少し不思議な使い方

「abound」は少し変わった使い方をする単語です。 そんな「abound」の意味と使い方とは。 例文を交えて見ていきます。 abound の意味 abound の使い方 その他の「abound」の使い方 abound の語源 例文 abound の意味 「abound(アバウンド)」は「豊富である…