1から英会話力・語彙力UPを目指す

英語をコツコツ鍛錬する英語勉強ブログ

英語の勉強の始め方(初心者編)

 

英語を勉強を始めたいけど、何から始めれば良いのかわからない!

 

そのような時は、英語の土台である文法から始めるのが最適です。

 

文法は、英語学習ルートのスタート地点でもあります。

 

※今回は

・英語の勉強を始めたい方

・中学英語を完全に忘れてしまった方

・基礎中の基礎から学び直したい方(実質ゼロから)

をメインにしています。

 

 

 

文法の基礎を学ぶ

 

文法は英語の基礎であり、土台です。

 

文法を学ぶことにより、文の構造を知ることができます。

 

文の構造を理解できれば、英文を正しく理解することができます。

 

そうなれば、正しい英文を作ることができます。

 

つまり、文法はスピーキング・リスニング・ライティング・リーディング全てに役立ちます。

 

そのため、一番最初に文法を学ぶと、その後の学習も効率的になります。

 

そこで、初心者の方におすすめなのが、「基本にカエル英語の本 英文法入門」というシリーズです。

 

※中学英語は完璧という方は、次のステップ(総合英語による学習)に進みます。

 

基本にカエル英語の本は、現役の中学生から、英語の勉強をゼロから始めたい方に最適な英文法の入門書です。

 

本書は、全3冊に分かれている分、1つ1つが丁寧に解説されています。

 

また、図や可愛いイラストが多く、難しい文法用語も出てきません。

 

そして重要なのは、「英語初心者と一緒に作った本」というところです。

 

著者に寄せられた「ここが分からない」「ここが分かり難い」という、初心者がつまづきやすいポイントを抑えています。

 

もう1つ重要なのは、CD1枚付属という点です。

 

ただの読み上げではなく、解説も聞くことができます。

 

CDがあるのと無いのとでは、効率がまるで違ってきます。

 

まずはこのレベルを正しく理解することが英語学習のスタートになります。

 

このシリーズ3冊をきちんと理解できたら、完全な初心者は脱出したと言っても良いと思います。

 

 

 

総合英語による文法学習

 

基本にカエル英語の本を学習し終えた方。

または中学英語は完璧という方は、総合英語で学びます。

 

この総合英語シリーズは、基本にカエル英語の本から1歩レベルが上がった英文法書です。

 

主に高校入学の時に買うシリーズでもあります。

 

そしてこれは、高校を卒業してからも、長く使える英語の参考書です。

 

そのため、英語を学ぶ際に、最低1冊は欲しい必須の本です。

 

自分のように、複数持っている方も多いです。

 

この総合英語を完璧にマスターできれば、文法に関しては中級者の域に突入することになります。

 

文法学習に関しては、ここが1つの区切りです。

 

おすすめの英文法書はこちらをご参照ください。

www.1karaeigo.com

 

 

並行して学ぶ基礎学習

 

ここまでは土台となる文法学習を見てきました。

 

余裕があれば、総合英語での学習に入った辺りから、単語と発音も学び始めます。

 

総合英語がある程度終わってからでも問題ありません。

 

単語と発音に関しては、こちらの記事をご参照ください。

www.1karaeigo.com

 

 

最初は本から

 

最初の学習は、本がおすすめです。

 

今はアプリや英会話教室、学習教材など様々あります。

 

が、それらはレベルが高く、初心者にとってはハードルも高めです。

 

しかし、本だと取っつきやすく、1冊を使いこむことを考えると、トータル的には値段は安めです。

 

それに、自分のペースで学ぶことができるため、「ついて行けずにやめてしまった」となり難いです。

 

もし、買ってみたけどレベルが高すぎた場合でも、本だと自分の英語レベルが追いつくまで寝かせておくことができます。

 

そのため、英語学習のスタートは本から始めるのがおすすめです。

 

 

まとめ

 

今回の記事のまとめ

 

英語の土台である文法から学ぶのが効率的

まずは中学英語の文法から

その次は総合英語で1つ上の文法を学ぶ

できればそれと並行して単語や発音の基礎を学ぶ

最初は自分のペースで学べる本がおすすめ