MENU

hard to beat の意味と2つの使い方

 

 

hard to beat の意味と使い方

 

beat」の意味は「(~に)打ち勝つ」や「~に勝る」などです。

 

よって、「hard to beat」で「勝つのは難しい」となります。

 

しかし、これは文字通りの意味です。

 

 

それ以外にも「一番」や「勝るものがない」、「素晴らしい」という意味の口語的な表現もあります。

 

これには2つの使い方があります。

 

目的語を置く使い方

 

1つは目的語を取る形です。

 

例文

It's hard to beat vanilla ice cream.

 

意味は「バニラ味のアイスが一番」になります。

 

つまり、「(他の味が)バニラに勝つのは難しい = バニラに勝るのもが無い = バニラが一番」となります。

 

 

使い方は「It's hard to beat ~」の形になりますが、会話では主語を省略した「Hard to beat ~」の形で使われることもあります。

 

主語に置く使い方

 

2つ目は「主語 + be 動詞 + hard to beat」の形です。

 

例文

Plain Vanilla ice cream is hard to beat.

 

→普通のバニラアイスが一番。

 

このように、主語に置くこともできます。

 

直訳的には「普通のバニラは打ち負かすのが難しい / 打ち負かされにくい」になりますが、要は「バニラしか勝たん」です。

 

ベーブ・ルースの言葉

 

野球の神様と呼ばれるベーブ・ルースの言葉に、このようなものがあります。

 

 

It’s hard to beat a person who never gives up.

 

決してあきらめない人を打ち負かすのは難しい

 

 

こちらは「~に打ち勝つのは難しい」という文字通りの意味で使われています。

 

hard to beat の例文

 

It’s hard to beat a late August sunset.

→8月下旬の日没(の風景)は素晴らしい。

 

 

Hawaii sunsets are hard to beat.

→ハワイの日没は素晴らしい。

 

 

It’s hard to beat a ham and cheese sandwich!

→ハムとチーズのサンドイッチが最高!

 

 

I think internships are hard to beat.

→インターンシップに勝るものはないと思います。

 

 

2021 is going to be hard to beat.

→2021年は打ち負かされにくいだろう=2021年は最高の年だった。

 

 

This record is gonna be hard to beat.

→この記録を破るのは難しいだろう(=この記録が一番だろう)。