「creep me out」の意味と使い方。「creep」と「creepy」の意味とは

 

 

「creep me out」の意味と使い方

 

creep me out」を直訳すると「私をゾッとさせる」です。

 

主語 creep someone out」の形で「主語が someone をゾッとさせる」という使い方になります。

 

これを日本語的に訳すと、「(主語によって)ゾッとする」や「(主語が)不気味だ」ということになります(詳しくは例文にて)。

 

このゾッとするとは、恐怖というよりも、不気味さやキモさによるゾッとすることを表します。

 

そのような意味になる理由は動詞「creep」にあります。

 

「creep」の意味と活用形

 

creep」は「忍び寄る」や「這う」という意味のある自動詞です。

 

そこから、「不気味さ」や「気味の悪さ」に繋がります。

 

注意点はその活用形です。

 

本来は「creep」の過去・過去分詞形は「crept」です。

 

しかし、「creep out」として使われる場合は「creeped」の形になるので注意が必要です。

 

「creepy」の意味

 

creepy」は creep の形容詞形 で、「ゾッとするような」や「不気味な」という意味です。

 

鳥肌が立つような、ムズムズするような、ゾッとするような感じです。

 

日本語的に言うと「キモい」や「怖キモい」です。

 

「creepy」でGoogle画像検索をすると、単語のイメージは掴めると思いますが、あまりおススメはしません。

 

例文

 

That creeps me out!

→キモイ!

 

I don't like insects. They creep me out.

→昆虫は好きじゃない。ゾッとする。

 

This picture really creep me out.

→この写真は本当に不気味だ。

 

His eyes creeped me out.

→彼の眼が不気味だった。

 

This ads creeps me out so much.

→この広告は結構不気味。

 

These empty shopping centers creep me out.

→このようなガランとしたショッピングセンターは不気味に感じます。

 

These dolls may creep you out.

→これらの人形はあなたをゾッとさせるかもしれない。

 

It's creepy!

→キモイ!

 

It looks like a creepy old man touching women.

→女性たちを触っているキモいオヤジのようだ。