英語のリスニングを上達させるためのポイントとコツ【発音変化と意識】

 

今回は、英語のリスニングをする際に意識するポイントと、注意すべきポイントを纏めてみました。

 

大きく分けると、

 

カタカナ読みは捨てる

文字と実際の発音は違う

音の変化の法則を知る

文章の構造を理解する

 

この4つです。

 

リスニングのコツを少しでも掴めるヒントになれば幸いです。

 

 

主語と動詞の位置を意識する

 

1つ目は「主語と動詞の位置」です。

 

英語の場合、基本的に主語は文章の最初に置かれ、次に動詞が続きます。

 

その後は補足です。

 

更に動詞の周辺は時制にも関連するので、重要な要素が詰まっています。

 

そのため、主語と動詞の位置を把握することにより、文章の構造も理解できるようになります

 

ただし、間に副詞が挟まる場合もあり、単純な主語+動詞になっていないことも多々あります。

 

そのせいで、混乱してしまったり、油断して聞き逃します。

 

よって、まずリスニングで集中すべき場所は、主語と動詞のある文章の序盤です。

 

音が繋がる単語

 

2つ目は「音が繋がる単語」です。

 

「Can I」は「キャン アイ」ではなく「キャナイ」。

 

「Did you」は「ディドゥ ユー」でなく「ディジュ」。

 

「What if」は「ワティフ」または「ワディフ(t が d に変化)」。

 

このように、母音はほぼ必ず繋がって発音されます。

 

これを頭に入れるには、実際の音声を聞いたり、同じように発音してみることが非常に重要になってきます。

 

そうすることにより、リスニング能力の向上につながります。

 

カタカナ読みをしていたり、実際の音声を聞いていないと、リスニングで必ずつまづきます。

 

意識としては、「can I」ではなく「Cani(キャナイ)」という1つの単語(かたまり)として覚えます。

 

これはスピーキングの際にも効果的です。

 

主語と繋がるbe動詞

 

2つ目は「主語と繋がるbe動詞」です。

 

特に「are」や「is」は主語の最後の単語と繋がり、弱めに発音されます。

 

例えば、

 

「Cars are going through a tunnel」

 

の場合は

 

「カーズ アー」ではなく、「Carsare(カーザ)」という1つの単語のように聞こえます。

 

「The man is reading a book」 は 「ザマニズ リーディンガ ブック」 になります。

 

「マン イズ」ではなく、「manis」という1つのかたまりを意識します。

 

be動詞は主語と繋がり、弱めに発音されることを意識すると、リスニングしやすくなります。

 

これも主語と動詞の位置と少し関係します。

 

発音が一瞬だけの単語

 

3つ目は「一瞬しか発音されない弱い単語」です。

 

主語、動詞、名詞など、重要な部分は強く発音されます。

 

しかし、それ以外の単語は弱く、一瞬しか発音されません。

 

「will」や「can」などの助動詞(短縮形含む)、「with、of、for、when、that、while」などの前置詞や接続詞、「the」や「to」などは弱く発音されます。

 

日本人の英語は抑揚が無かったり、マシンガンのように聞こえると言われることがあるのは、全ての単語を同じ大きさで発音してしまうことにあります。

 

それにより、リスニングの際も、全てを聞こうと身構えてしまいます

 

その結果、英語の速度の付いていけなくなります。

 

音の強弱を意識してリスニングをすると、英語のリズムも掴みやすくなります。

 

リズムを意識することは、スピーキングやリーディング能力の向上にもつながります。

 

繋がると音が変わる単語

 

4つ目は「繋がることで別な音になる単語を知ること」です。

 

代表的なものだと「want to」が「wanna」「going to」が「gonna」のようになるものです。

 

この変化を知らないと、聞き取れません。

 

他にも、

 

「to」が「ダ」

「t+母音」で「ラ行」

「trying to」が「トライナ」

「What are you」が「ワダヤ」

 

など、口語になると変わるものが沢山あります。

 

そのため、実際に発音を聞いて、本当はどのように発音されているのか知ります。

 

そして、自分も同じように発音してみます。

 

それを繰り返すと、リスニングで出てきた時も、聞き取れるようになっていきます。

 

発音しない「t」

 

5つ目は「発音しない t」です。

 

まず、「don't」や「Let me」などの「t」の消失です。

 

「don't」は「ドン」、「Let me」は「レミー」になります。

 

「don't」を「ドント」、「Let me」を「レットミー」という発音が頭にあると、聞き取れません。

 

そして、そうであろうと身構えていると、一瞬で文章が通り過ぎていきます。

 

t が発音されないことにより、文章がギュッと縮まっているからです。

 

これは次にも関係しますが、「in front of」を「イン フロント オブ」というカタカナ読みが頭に入っていると、聞き逃しかねません。

 

実際は「インフロンナ」に聞こえることが多いからです。

 

消える真ん中の「t」

 

続いての「t」は「internet」のような単語です。

 

主にアメリカ英語だと、真ん中の「t」も発音されません

 

「internet」はカタカナだと「インターネット」ですが、t が消えて「イナネッ」に聞こえます。

 

「mountain」はカタカタなど「マウンテン」ですが、真ん中の t が消滅して、「マウッウン」のようになります。

 

「interview」は「インタビュー」ではなく、「イナビュー」です。

 

このように、単語と単語の繋がりだけではなく、単語単位でも t が消えることがあります。

 

発音しない「h」

 

6つ目は「発音しないhと音の連結」です。

 

中でも登場頻度の高い「him」や「her」、「them」の h の脱落です。

 

発音が「im」や「er」になって、前の単語と繋がります

 

例えば、

 

・「I like him」は「アイ ライキム

・「I like her」は「アイ ライカー

 

・「I tell him」は「アイ テリム

・「I tell her」は「アイ テラー

 

・「I need them」は「アイ ニーデム

 

このように聞こえます。

 

発音しないhとの連結

 

また、hの脱落と音の変化が連結する場合もあります。

 

例えば、「t」の音は後ろに母音が続くと「d」になることがあります。

 

先述の「What if」が「ワディフ」になるパターンです。

 

その変化とhの脱落が繋がった場合。

 

・「met him」は「dの音+hの脱落」で「メディム

・「I met her」なら「アイ メダー

 

このように音が変わります。

 

 

以上のような「t」や「h」は数多くあり、口語だと発音されないことが非常に多いです。

 

そのことを意識していないと、知っている単語すら聞き取れなくなってしまいます。

 

様々な文法や文章を知る

 

7つ目は「様々な文法や文章の形を知る」です。

 

英語には基本的な主語+動詞+αの形だけではなく、文章の真ん中に単語や文章が挟まるパターン、分詞構文、省略される主語、口語と文章語の違いなど、様々な文章の形が存在します。

 

そのような、ある意味変則的な文章構造を学ぶ事により、「これはこの文法が使われているんだな」とか「これの過去分詞は動詞ではなく修飾しているのか」などが判断できるようになります。

 

最初は時間はかかりますが、きちんと文法を学んだり、多読をすることにより、少しずつ頭に入っていきます。

 

それにより、リスニングの際にも文章の構造を一瞬で理解できるようになっていきます。

 

まとめ

 

・主語と動詞の位置を意識

・単語と単語が繋がる発音

・主語とbe動詞は繋がりがち

・文章の中での単語の発音の強弱を意識

・繋がると音が変わる単語を知る

・発音しない「t」と「h」

・音の変化と音の変化は連結する

・様々な文法や文章を学ぶ

 

 

【関連記事】

www.1karaeigo.com

 

www.1karaeigo.com