「~のにおいがする」を意味する smell と smell of の違いと使い方

 

 

smell と smell of の違い

 

smell」と「smell of」はどちらも「~のにおいがする」という意味です。

 

しかし、使い方は異なります。

 

使い方

 

smell の後ろには形容詞が入る

 

smell of の後ろには名詞が入る

 

「~のような」は smell like + 名詞

 

 

 

それを踏まえて、例文を見ていきます。

 

例文

 It smells good.

 

→いい匂い。

 

 

This coffee smells good.

 

→このコーヒーはいい匂いがする。

 

 

The water smells funny.

 

→水が変な臭いする。

 

 

Somothing smells delocious.

 

→何かいい匂いがする。

 

 

This room smells of onions.

 

→この部屋は玉ねぎのにおいがする。

 

 

His car smells of cigarettes.

 

→彼の車は煙草臭い。

 

 

His breath smelled of alcohol.

 

→彼の息はお酒臭かった。

 

 

It smells like rotten eggs.

 

→腐った卵のような臭いがする。

 

 

注意点は、この smell は自動詞という所です。

 

例文のように「主語(物など)が~のにおいがする」という意味になっています。

 

他動詞 smell の意味と使い方

 

他動詞「smell」の場合、主語には人や動物などが置かれます。

 

 

例えば、「I smell cheese.」は「チーズのにおいがする」という意味です。

 

I can smell cheese.」と「can smell」の形でも使われます。

 

これは「人が~のにおいを感じる」という形になっています。

 

 

更に、日本語の「危険なかおりがする」のように、「何かに感づく」というニュアンスでも使われます。

 

 

 

他にも、「誰々が~のにおいを嗅ぐ」という意味もあります。

 

He smelled cheese.」なら「彼はチーズの匂いを嗅いだ」になります。

 

 

基本的に smell は進行形にしませんが、この意味の場合は進行形にして「~を嗅いでいる」とすることができます

 

 

例文

I still smell gas.

 

→まだガスのにおいがする。

 

 

Can you smell something?

 

→何かにおわない?

 

 

Can you smell something burning?

 

→何か燃えてるようなにおいしない?

 

 

I can smell burning.

 

→燃えてるにおいがする。

 

 

Smell these flowers.

 

→この花の匂いを嗅いでみて。

 

 

I'm smelling betrayal.

 

→裏切り(裏切者)の匂いがする。