例文で学ぶ感覚動詞(taste,smell,feel,look,sound)完全攻略

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

感覚を表す動詞の使い方

 

感覚(五感)を表す動詞は大きく分けて5つあります。

 

感覚動詞と意味

 

taste → ~な味がする

 

smell → ~な匂い(臭い)がする

 

feel → ~だと感じる

 

look → ~に見える

 

sound → ~に聞こえる / ~に思われる

 

 

これらは文字通り「動詞」として使われます。

 

そして、後ろに続くのは「形容詞」です。

 

 

 

例えば、「It tastes good.」という文。

 

直訳だと「それは良い味がする」になりますが、要は「美味しい」です。

 

 

感覚動詞はこの形が基本で、現在感じていることでも進行形にはしません

 

 

その点を踏まえつつ、例文を見てみます。

 

感覚動詞+形容詞の例文

 

It tastes bad.

 

→美味しくない / マズイ。

 

 

It tastes strange.

 

→変な味。

 

 

How does it taste?

 

→味はどう?

 

 

It smells delicious.

 

→(美味しそうな)良い匂いがする。

 

 

She smells good.

 

→彼女はいい匂いがする。

 

 

I feel comfortable in this room.

 

→この部屋は快適に感じる。

 

 

The water felt warm.

 

→水は温かく感じた。

 

 

My skin feels dry in the winter.

 

→私の肌は冬に乾燥した感じになる。

 

 

She looks young.

 

→彼女は若く見える。

 

 

You look sick.

 

→体調が悪そうです(悪く見えます)。

 

 

This looks easy.

 

→簡単そうに見える。

 

 

She doesn't look 50.

 

→彼女は50歳には見えません。

 

 

I want to look young.

 

→若く見られたいです。

 

 

That sounds good.

 

→良さそう。

 

※相手の話を聞いた時など

 

 

That sounds tough.

 

→大変そう。

 

 

That sounds interesting.

 

→面白そう。

 

 

He sounds kind.

 

→彼は優しそう。

 

※彼についての話を聞いた時など

 

 

 

以上のように、「主語 + 感覚動詞 + 形容詞」が基本の形です。

 

後ろに名詞や文を置く場合は「like」を使う

 

例えば、「look」と「look like」の使い方は混乱しがちですが、後ろに続くものを考えるとスッキリします。

 

使い分け方

 

・look + 形容詞

 

 

look like + 名詞

 

 

look like +文

 

 

「like」は「~のような」や「~のようだ」と訳すと分かりやすくなります。

 

 

 

例として、「彼はキアヌ・リーヴスのようだ」と言いたい時。

 

人名は固有名詞なので「He looks like Keanu Reeves.」となります。

 

 

look の後ろには形容詞が置かれるため、「look Keanu Reeves」とはなりません。

 

名詞を続けるには look like の形にする必要があります。

 

 

「look like」は「~のように見える」ですが、「~に似ている」と訳されることもあります。

 

 

 

次は後ろに文が続くパターンです。

 

文が続く場合

 

It looks like she is happy.

 

→彼女は幸せそうに見える。

 

 

It sounds like there was some truth in it.

 

→その中にいくつかの真実があるようだ。

 

 

1つ目の文は「She looks happy.」にしてもほぼ同じ意味です。

 

 

このように、後ろに文を続けることもできます。

 

 

感覚動詞+like+名詞 or 文の例文

 

Your father looks like a famous actor.

 

→あなたのお父さんは有名な俳優みたい。

 

 

It tastes like chicken.

 

→チキンのような味がする。

 

 

What does it taste like?

 

→どんな味?

 

 

He smells like alcohol.

 

→彼はお酒のようなにおいがする。

 

 

It smells like garlic.

 

→ガーリックのような匂いがする。

 

 

He looks like a nice person.

 

→彼は良い人そうに見える。

 

 

It look like you are hungry.

 

→お腹空いてそうに見える。

 

 

(It)Sounds like an interesting book.

 

→面白そうな本。

 

 

I think it sounds like a great project.

 

→素晴らしいプロジェクトのように思います。

 

 

It sounds like it's important.

 

→重要そうです。

 

 

That animal looks like a pig and smells like a skunk.

 

→その動物はブタのような見た目でスカンクのような臭いがする。

 

 

I feel like an idiot.

 

→自分が馬鹿みたいに感じる。

 

 

I feel like a princess.

 

→お姫様のように感じる。

→お姫様のような気分。

 

 

I feel like I'm at home.

 

→家にいるように感じる。

 

 

※feel like の使い方は後述します。

 

「smell」と「taste」の後ろに名詞を置く場合

 

後ろに名詞を置き、「~のにおいがする / ~の味がする」としたい場合は「smell / taste of +名詞」の形になります。

 

 

 

例えば、「この部屋は煙草臭い」と言いたい場合。

 

英語では「This room smells of cigarettes.」になります。

 

 

 

サーモンの味がする

 

なら

 

It tastes of salmon.

 

となります。

 

 

後ろに名詞を置くことで「~のような」ではなく「~の」と特定のものを示しています

 

 

より詳しくはこちらの記事も合わせてご覧ください。

 

「~のにおいがする」を意味する smell と smell of の違いと使い方

 

feel like は使い方と意味が複雑

 

「feel like」だけは後ろに名詞、that節、doing を続けることができ、使い方が少し複雑です。

 

そして注意すべきは意味も少しずつ異なる点です。

 

 

詳しくは別記事でまとめているので、こちらをご覧ください。

 

「feel like」と「feel like doing」の意味と使い方を例文で学ぶ

 

まとめ

 

・感覚動詞 + 形容詞が基本の形

 

・感覚動詞 + like +名詞 or 文

・「~のような / ~のようだ」と訳すと分かりやすい

 

・感覚動詞の使い方は基本的に同じ

 

・「~の匂いがする」は「smell of +名詞」になる

 

・feel like は使い方が複雑で意味も異なるため注意が必要

 

 

 

知覚動詞についてはこちらの記事をご覧ください。

 

例文で学ぶ知覚動詞(hear,see,watch,feel)の使い方|動詞の原形と doing/過去分詞の意味の違い