「あなたらしい」を英語で言うと?

 

「あなたらしい」

「彼(彼女)らしい」

「あの人らしい」

「あの監督らしい」

 

など、物事に「その人らしさ」が出ていたり、「その人っぽい」と言いたい時に、「~らしい」と言います。

 

それを英語では簡単に表すことができます。

 

 

「あなたらしい」を英語で言うと?

 

「あなたらしい」「It's so you」と言います。

 

「you」の部分を変えれば、「誰」が「らしい」のか、簡単に言い換えることができます。

 

主語(it)を変えれば、「(主語)は~らしい」と言うこともできます(詳しくは例文にて)。

 

 

また、「It's so typical of you」でも「あなたらしい」を表すことができます。

 

「be typical of」「~特有の」「~の特徴を示す」「典型的な~」という意味です。

 

そこから、「~らしい」という意味になります。

 

 

「It's so (人)」の場合は「so」が入りますが、

 

「It's so typical of (人)」の場合は「so」が入らないこともあります。

 

例文

 

It's so her.

→彼女らしい。

 

It's so me.

→自分らしい(自分っぽい)。

 

I love my new jacket,It's so me.

→新しいジャケットは自分らしくて好き。

 

That is typical of him.

→それは彼らしい。

 

That design is so you.

→そのデザインはあなたらしい。

 

The movie is so typical of Hollywood.

→その映画はハリウッドらしい。

 

This book was so Stephen King.

→これはスティーブン・キングらしい本だった。

 

It's so typical of him to say such a thing.

→そんなことを言うなんて彼らしい。

(→彼らしいセリフだ)

 

It's typical of him to apologize in writing like this.

→このように手紙で謝罪するなんて彼らしい。