「筋トレする」は英語で「lift weights」|workout との違い

 

 

「筋トレする」を英語で言うと?

 

筋トレする」は英語で「lift weights」と言います。

 

「lift weights」の直訳は「重りを上げる」ですが、「筋トレする」や「ウェイトトレーニングする」という意味で使われます。

 

 

日本語でも「筋トレやってんの?」というフレーズはよく聞きますが、それを英語では「Do you lift weights?」と言います。

 

時々筋トレやってる」なら「I lift weights sometimes.」です。

 

 

 

ちなみに、「重量挙げ」は英語で「weightlifting(ウェイトリフティング)」と言いますが、これは「weight(重り)を lifting(持ち上げること)」になり、その重さを競うスポーツとなっています。

 

work out との違い

 

「work out」のイメージは「体を鍛える」です。

 

 

例えば、「I work out at a gym.」なら「ジムで運動をしています」になります。

 

これは、軽めの運動やエクササイズ、一般的な筋トレに対して使われます。

 

 

 

一方、「lift weights」はダンベルやバーベルなどの重りを使った「ガチの筋トレ」のイメージです。

 

よって、「I lift weights at a gym.」はジムで筋トレをしていることを明確化しています。

 

 

 

もう1つ例を上げると、「I go to the gym.(ジムに行きます)」は「ジムに行くこと」しか言及していません。

 

そのため、「work out」や「lift weights」を使って「ジムで何をするのか」を明確にすることができます。

 

 

 

「work out」と「workout」の違いは、動詞か名詞かの違いです。

 

違い

 

・work out → 運動をする

 

・workout → 運動 / 練習 / トレーニング

 

 

exercise の意味

 

英語の「exercise(エクササイズ)」は「運動」や「体を動かすこと」という意味の名詞です。

 

ジョギング、ヨガ、水泳、ウォーキングなどの運動は exercise に当たります。

 

 

また、動詞として使うことも可能です。

 

例文

I exercise every day.

 

→毎日運動しています。

 

 

イメージとしては比較的簡単にできる運動を指し、カタカナで使われているエクササイズとイメージはほぼ同じです。

 

 

運動の強度としては「exercise」→「workout」→「lift weights」になります。

 

 

ダンベルは英語で何と言う?|鉄アレイとの関係と語源