英語で「安西先生バスケがしたいです」はどう翻訳されている?

 

 

「安西先生バスケがしたいです」は英語でどう翻訳されている?

 

漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」より。

 

三井寿の「安西先生 バスケがしたいです」は漫画の中でもトップレベルで有名なセリフです。

 

 

英語版漫画ではこう翻訳されています。

 

C-Coach!! I want to play basketball…

 

C-Coach!! I really want to play basketball…

 

 


「私はバスケットボールがしたいです」という非常にシンプルな英語になっています。

 

が、一連のストーリーがあるからこそシンプルな言葉に重みが出ます。

 

 

 

セリフは「really」で「本当に」と強調しているパターンとしていないパターンの2種類あります。

 

同じセリフでも異なる翻訳になっているのは翻訳モノあるあるです。

 

 

ちなみに、単行本では「8巻」のラスト、アニメは「第27話」で見ることができます。

 

 

ついでに、安西先生のフルネームは「安西光義(あんざい みつよし)」で、昔のあだ名は「白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)」でした。

 

穏やかになった現在はそれをもじって「白髪仏(ホワイトヘアードブッダ)」と呼ばれています。

 

 

 

あきらめたらそこで試合終了だよ」の英語版はこちらをご覧ください。

 

英語で「あきらめたらそこで試合終了だよ」はどう翻訳されている?