1から英会話力・語彙力UPを目指す

英語をコツコツ鍛錬する英語勉強ブログ

おすすめ英単語帳とレベルの比較(中学生~社会人まで)

 

英単語帳は沢山あります。

 

むしろありすぎて、何を選べばいいのか迷ってしまいます。

 

そこでおすすめなのが、例文や英文の中に重要単語と熟語が複数盛り込まれている形式の単語帳です。

 

これには単語1つに例文1つという従来の単語帳と比べ、いくつかのメリットがあります。

 

【メリット】

文脈で覚えられる

ストーリーがあり、記憶に残りやすい

単語を覚えるのと同時に文章を読む練習になる

リスニング練習ができる

シャドーイングができる

文法解説付きは文法も学べる

1冊で色々な使い方ができる

 

ただ闇雲に単語を覚えるよりも、非常に効率的です。

 

以前はこのような単語帳は少なかったのですが、今は数も増えています。

 

今回はその形式の中でも、役に立つ英単語帳をご紹介します。

 

英語の勉強を始める中学生から、受験生、社会人、英語力を上げたい方、勉強し直したい方まで使うことができます。

 

 

レベル別おすすめ単語帳一覧

 

スタートは中学英語になります。

 

そこから、だいたいレベル順に並んでいます。

 

目安のために、本の特徴や、単語・熟語の掲載数、TOEICのスコアなどを内容紹介や本の中身から引用させて頂きました。

 

※受験生の場合は、受ける大学のレベルに合わせたり、入試特化(英単語特化)の書籍も併用すると良いと思います。

 

 

例文で覚える中学英単語・熟語1800

 

重要単語が自然に散りばめられている約300の例文をCDで聞きながら、高校入試によく出る英単語・熟語1800を効率よく暗記できるスーパーブック。

例文で覚えるから英文に慣れ、単語の使い方もわかるようになります。

長文読解への基礎力作りだけでなく、リスニングCDと使うことで入試リスニング問題への基礎力も同時に身につきます。

都道府県立高校の入試対策や、私立・国立高校の入試対策、難関高校受験対策にも有効。

英検3級・準2級の受験対策にも役立ちます。赤フィルターつき、CDは2枚つき。

 (内容紹介より)

 

本書は、現役の中学生や、英語の勉強を始めたい大人の方におすすめの英単語帳です。

 

タイトル通り、中学英語の重要単語・熟語がメインになっているため、中学英語の総復習にもなります。

 

まずはこのレベルをマスターする所から、英語の勉強が始まると言っても良いと思います。

 

 

 

速読英単語 入門編 [改訂第2版]

 

高1から使える『速単 入門編』
英文の中で生き生きと単語を学習できる『速読英単語』シリーズの入試基礎レベルです。

おもしろく、より読みやすい英文を難易度順に掲載!

近年の大学入試・中学検定教科書を分析して厳選した入試基礎単語約700語を掲載。

 (内容紹介より)

 

本書は、中学英語の復習から始まるため、中学英語を振り返りつつ、高校レベルに突入したい方に最適です。

 

ただし、掲載数が多いわけではなく、大学入試には足りないので、あくまで高校レベルの基礎を英文で学んで固めていく、という位置づけです。

 

後述する「速読英単語 必修編」の基礎編になります。

このシリーズの欠点はCDが別売りな所です。

 

 

 

 

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

中学~高校初級レベルの単語・熟語を2400語掲載。

基礎となる単語を網羅しているだけでなく、文脈の中で実際の用例に触れながら学ぶ形式なので、「知っているだけ」の知識を「使える単語」に高めることができます。

学び直しの方にも最適の一冊です。

 (内容紹介より)

 

本書は、中3から高校、そして基礎固めをしたい大人の方がメインになります。

 

「例文で覚える中学英単語・熟語1800」や「速読英単語 入門編」よりもレベルは上です。

 

また、TOEIC500点台を目指す人や英検3級〜準2級に設定されています。

 

CD2枚付き。

 

単語や英文のレベル的に、ある程度英語を勉強した方が、リスニング練習や英会話の基礎作りを始めるための最初の1冊としても丁度いいと思います。

 

 

 

速読英単語 必修編[改訂第7版] 

 

●入試出現語の95%をカバー 近年の入試問題(約660万語)を徹底分析し、入試突破に必須の約1900語を厳選しました。

これらの派生語・関連語を含めて合計約3100語を掲載。

この1冊で入試に出現する単語の95%をマスターできます。

●英文解説と解説映像が新登場! 巻末の英文解説ページでは、各英文のポイントを丁寧に解説。

さらに、要注意の文構造を徹底解説した映像が全70 英文に付いています。

読解がニガテな人でも、英文ページでつまずきません。

解説動画は書籍掲載の二次元コードまたはURLから視聴できます。

 (内容紹介より)

 

本書は、「速読英単語 入門編」の1つ上に位置し、大学入試を目指す高校生レベルの英単語帳です。

 

現役高校生から、高校英語を総復習したい方、やり直したい方がメインです。

 

巻末には文法解説があり、例文に使われている文法も学ぶことができます。

 

どちらかというと、大学受験寄りの単語帳です。

 

本屋では、「クイズ王も使っていた」というポップ付きで売られたりもしています。

 

とても優秀な単語帳なのですが、こちらもCDが別売りかつ、値段が本の倍が以上するのが難点です。

 

正直、入門編と必修編の別売りCDは無理して買う必要はないかなと思います。

 

本だけ買って、リスニングはCD付属の別の本で補うのも1つの手だと思います。

 

 

 

 

英単語・熟語ダイアローグ Basic1200 三訂版

 

6人の登場人物が繰り広げる会話文から単語力を身につける英単語集。

TOEIC(R)テスト500-650点レベルを目指す方向け。

ストーリー展開やイラスト、音声、コラムが複合的に単語の記憶をサポートするので、楽しく効果的に学ぶことができます。

すべての会話文の音声を収録したCD2枚付き。

さらに、全単語の発音と、会話文のスロースピードバージョンの音声を無料でダウンロードしていただけます。

 (内容紹介より)

 

本書は、会話形式の英文の中に、重要単語・熟語が散りばめられているタイプの英単語帳です。

 

リスニング練習や、シャドーイング、英会話の練習にもなります。

 

少しTOEIC寄りの英単語帳です。

 

会話文は171本。

トピックは日常、医療、お国柄(法律・政治・習慣など)、スポーツ、エンターテイメントなど、多岐に渡ります。

 

米・英・豪・加の4ヵ国の人物が登場するため、国による発音の微妙な違いも感じることができます。

 

また、レベルの上がった「英単語・熟語ダイアローグ 1800 三訂版」もあります。

 

こちらはTOEICスコア700点~860点が目安となります。

 

Basic1200よりも会話文の密度が増え、CDも3枚になりました。

 

 

 

 

DUO select と DUO3.0

 

DUOシリーズは、この形式の王道中の王道で、非常に優秀な単語帳です。

 

こちらは個別に比較記事を書いているので、そちらをご参照ください。

www.1karaeigo.com

 

 

 

速読速聴・英単語Daily1500 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

英文はすべてネイティブ・スピーカーの書き下ろしです。

「日常生活」「旅行」「ショッピング」「食事・料理」「スポーツ」「健康・癒し」「音楽・アート」「サイエンス」など幅広いテーマを扱った英文は身近で、読みやすく、興味をかき立てるものばかり。

楽しく学びながら、視野を広げることができます。

多種多様なスタイルの英文を掲載 メール、会話、webサイト、広告、記事などの多様なスタイルの英文を143本バランスよく掲載

 (内容紹介より)

 

本書は、「速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3」の1つ上のレベルの英単語帳です。

 

CD2枚付き。

 

単語的には、DUO3.0と同じくらいの難易度だと思います。

どちらも6000語レベル(英検2級やセンター試験)です。

 

このレベルの単語帳をやりこみ、シャドーイングを楽にこなしたり、これらの単語や熟語を使って話せたりできれば、英語の力がかなり付いたと思っても良いと思います。

 

TOEIC高得点を目指す通過点の1つでもあるため、このラインを極めるのが1つの目安でもあります。

 

 

 

速読速聴・英単語 Core1900 ver.5 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

Part Iでは「環境」「教育」「政治・国際情勢」「司法」「科学・テクノロジー」など8つの分野から、最新の時事動向をふまえた英文64本を選定。

おもしろく、読みごたえのあるニュース英語に触れながら、重要語を学習できます。

Part IIではテーマ別に158本のショートパッセージを収録しています。

本書1冊を終えれば、単語力、熟語力、速読力、リスニング力のみならず、時事英語の背景知識も身につきます。

コアとなる1900語を厳選 CEFRのB2レベルを中心に、英字新聞やインターネットの英語、英語放送を理解するためのコア・ボキャブラリー約1900語を厳選。

中級レベルの方(TOEIC® L&R TESTなら、600~800台を目指す方)にお勧めします。

 (内容紹介より)

 

本書は、今回紹介した中で1番レベルの高い英単語帳です。

 

何故なら、全編に渡り、英語圏の実際の新聞記事(ニュース記事)が元ネタになっているからです。

 

文法の詳しい解説も少なく、基礎を理解している前提の作りです。

 

更に、内容紹介には「600~800台を目指す方にお勧めします」と書いてあります。

 

が、実際は「800~900を目指す」くらいの勢いがあります。

英検は準1級レベルです。

 

そのため、ある程度英語を勉強してきた方がレベルアップのために使う。

 

もしくは、ニュース記事を読む力を付けたい中級者の方が使う英単語帳になっています。

 

CD2枚付きです。