MENU

「英会話なるほどフレーズ100」の使い方|英会話初心者に最適な本

 

この記事を読んで頂きたい方

 

英会話の練習を始めたいけど、何から始めれば良いのか分からない

 

英会話教室やスクール、オンラインはまだレベルが高い

 

まずは自分のペースで独学でやりたい

 

試験用ではなく、実用的なフレーズを学びたい

 

 

このような方におすすめなのが、「ネイティブなら子供のときに身に付ける 英会話なるほどフレーズ100」のシリーズです。

 

 

英会話なるほどフレーズ100の特徴

 

本書は、基礎から英会話の練習を始めたい方や、今まで日常的な会話の練習をしたことがない方のための本です。

 

なるほどフレーズときちんとフレーズ解説

なるほどフレーズときちんとフレーズ

 

裏表紙に載っている表現はこんな感じです。

なるほどフレーズ解説レビュー

なるほどフレーズ裏面

 

その他の例

 

しょうがない

 

やっぱり!

 

気のせい

 

久しぶりに~する

 

気にしないで

 

後悔するよ

 

 

もし、このようなフレーズがパッと出てこなければ、この本の出番です。

 

このような、ネイティブの子供が覚える基礎中の基礎フレーズが100個載っています。

 

その100個に加え、その派生形があるので、実質200フレーズです。

 

 

付属のCDも、ただ例文を読み上げるだけの音声ではなく、著者自身の話や、著者の母が登場するなど、親子ならではの小話も挿入されています。

 

 

英会話なるほどフレーズ100の使い方

 

本書の使い方は、CDを聞き、そのフレーズを使う状況をイメージしながらの音読・暗唱です。

 

単語帳や試験のための例文ではなく実用的なフレーズのため、簡単に状況を想像することができます。

 

 

また、例文も簡単なものばかりなので、初心者でも負荷が少ないです。

 

それでいて、非常に有用なフレーズばかりです。

 

 

まずはこのフレーズ100個(+派生形)を状況に合わせてパッと口から出せるようにするのが目標です。

 

使い方のコツは、1回で覚えようとせず、本とCDを何週もするようなイメージです。

 

 

この「英会話なるほどフレーズ100」をだいたい言えるようになったら、次のレベルに進みます。

 

英会話きちんとフレーズ100

 

ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100」は、対象が(ネイティブの)大学生までとなり、「英会話なるほどフレーズ100」よりも少し大人の領域に踏み込んだ内容になっています。

 

 

こちらも同じように、フレーズを使う状況をイメージしながら口に出し、何週もしながら体にしみ込ませていきます。

 

この2冊をマスターすれば、言えるようになることが格段に増えるはずです。

 

 

日常会話の「ちょっとしたフレーズ」を言えるかどうかで、英会話の力や、英会話の楽しさも変わってきます

 

そのため、このシリーズはその力を付けるのに最適な本です。

 

 

シリーズの注意点

 

ただし、注意点があります。

 

このシリーズは、あくまで「英会話初心者のための本」です。

 

「英語初心者」ではありません。

  

最低限の文法などの基礎学習は前提として、それに表現をプラスするものです。

 

英会話ペラペラビジネス100 

 

更に上のレベルが、この「英会話ペラペラビジネス100 ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術」になります。

 

こちらはタイトル通り、ビジネスで使うようなフレーズがメインです。

 

【目次】

●First Contact 1. Hi. 2. I'm... 3. 握手 ビジネス・コミュニケーション 自己紹介の3ステップ|May I have Sales, please? 営業部をお願いできますか。 など

 

●Light Contact May I ask how much this is? おいくらかお伺いしてよろしいですか?|I'm sorry to bother you. お忙しいところ申し訳ありませんが。|I'd like a better price. 価格をもう少し考慮していただきたいのですが。 など

 

●Regular Contact I'd really appreciate it if... …していただけると、本当にありがたいのですが。|I look forward to that. ぜひ、よろしくお願いいたします。 など

 

●Heavy Contact on time 時間通りに/間に合う|deal ビジネスチャンス/条件|business 経営/経営状態/取引 など

 (内容紹介より)

 

このように、例文のレベルは上がりますが、詳しい文法の説明などはありません。

 

そのため、注意点でも書いたように、文法や単語の知識がある程度ある方向けになります。