映画・海外ドラマを使った英語の勉強方法と目的【学習範囲を絞るのが効果的】

 

洋画や海外ドラマを使った英語学習は Netflix が最強という記事を書きました。

 

www.1karaeigo.com

 

 

今回は、その勉強法にもう少し深く踏み込もうと思います。

 

・勉強のやり方は何となく分かるけど、具体的にはどうやるの?

・映画やドラマ1本使って勉強するのは大変じゃない?

・モチベーション維持がキツイ

・日常で使わない言葉を覚えて意味ある?

 

このような方に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

洋画・海外ドラマでの英語学習の目的

 

映画や海外ドラマで英語学習をするにあたり、重点を置くポイントは2つです。

 

リスニングを鍛える

語彙力を増やす

 

この2つが海外作品を使った英語学習の主な目的になります。

 

 

日本の学習書籍の音声は聞き取れても、ネイティブのリアルな日常会話は全く聞き取れないのは英語学習あるあるです。

 

その生の会話を聞き取れるようにするためのリスニング練習です。

 

 

そして、色々な作品を見ていると、よく出てくる単語やフレーズがあります。

 

「この単語は動詞でも使えるのか」や「こんな言い方もあるのか」など、新たな発見があります。

 

または、簡単な単語ばかりにもかかわらず意味が取れない文章や、聞き取れはしたけど意味が分からないフレーズ。

 

英語特有の言い回しや諺などもあります。

 

それらを頭に入れることで、語彙力を増やしていきます。

 

日常で使わない単語を覚える必要性

 

たまに「日常で使わない単語を覚えて意味ある?」というような疑問が出ます。

 

日本のドラマや映画にも、日常では使わない言葉、ことわざ、慣用句などがたくさん出てきます。

 

しかし、聞けば意味は理解できます。

 

法律用語や刑事ドラマに出てくるような用語でも同じです。

 

それと同じで、日常的に使う言葉と聞けば分かる言葉は異なります

 

つまり、日常会話で使わないもの = 必要ないわけではありません

 

ただし、覚える優先順位は「日常で使うもの > 聞いてわかるもの」になります。

 

映画・海外ドラマを使った英語の勉強方法

 

以上のことを踏まえて、具体的な勉強法の話に移ります。

 

よく「同じ作品を3回見るのが効果的」と言われます。

 

・英語音声+日本語字幕でストーリーとセリフを把握する

・英語字幕で見る

・字幕なしで見る

 

という3回勉強法です。

 

実際に効果的なのですが、その分の時間を確保する必要があります。

 

それに、慣れるまでは大変な作業です。

 

そこでおすすめなのが、「1回目の英語音声+日本語字幕から勉強を始める」ことと「勉強する範囲を絞って沢山見る」ことです。

 

1回目の英語学習法

 

まず、英語音声+日本語字幕で作品を楽しむのは同じです。

 

この時、半分以上聞き取れたセリフをメインターゲットにします

 

・半分以上聞き取れたセリフを英語字幕にして見直す

・聞き取れなかった部分を確認

・英語字幕を消して、同じセリフを聞く

・聞き取れたら次へ行く

 

という流れです。

 

このように、聞き取れる部分と聞き取れない部分が混在しているセリフを聞き取れるようにするリスニング練習をします。

 

逆に難しいセリフは一旦スルーするか、確認する程度にします。

 

ただし、気になる部分は逐一英語字幕でチェックしていきます。

 

 

そして、スピーキングで使えそうなフレーズや、応用が効きそうな文章をチェックしていくことで、少しずつ語彙力を増やすことができます。

 

その時におすすめなのが、映像と英語字幕と再生時間を一緒に写真を撮る方法です。

 

そうすることで、イメージで記憶しやすく、再生時間が分かればすぐに見返すことができます。

 

もちろん、スクショ可能ならスクショの方が綺麗に撮れます。

 

その写真を1つのフォルダに纏めておけば、すぐに復習することができ、オリジナルのフレーズ集や単語帳にもなります。

 

日本語吹き替え+英語字幕で見る勉強法

 

もし、英語音声+日本語字幕が難しいと感じた場合は、逆に「日本語吹き替え+英語字幕」にするのもおすすめです。

 

メリットは「日本語→英語の変換の勉強ができる」という点です。

 

これに近い勉強法は、聞いた日本語を英語にする瞬間英作文です。

 

日本語吹き替えは意訳も含まれますが、少しずつ訳し方のコツが掴めると思います。

 

2回目の英語学習法

 

2回目は字幕なしで見ます。

 

もう1度全部見るのでもいいですし、チェックしたシーンだけ見返すのでもいいです。

 

長めの映画なら、シーンごとに分けてもいいです。

 

いずれも、1回目でリスニング練習をしたセリフと、チェックした単語やフレーズなどを確認してきます

 

もし分からなければ、同じ部分を繰り返し見て、空き時間や寝る前にでも復習をします。

 

それとは別に、英語のレベルが上がってくれば、英語字幕を出してシャドーイング教材にするのもおすすめです。

 

何度も口から出すことにより、「分かるから使える」にすることができます。

www.1karaeigo.com

 

 

このように、慣れるまでは範囲を絞って学習すると効率的です。

 

何より、「映画1本ドラマ1話をまるまる使って勉強する!」とか「全てのセリフを理解できるようにする!」と意気込むと、勉強が続きません。

 

作品1本を使って勉強することはできますが、勉強し続けることは難しいです。

 

そのためにも範囲を絞り、「現在の英語レベルで少しできる部分をもっとできるようにしていく」のが効率的であり、モチベーション維持にも繋がります。

 

そして、英語を定着させるために必要な「何度も出会う」に繋げることができます。

 

英語を定着させるコツ

 

英語を定着させるコツは「何度も出会う」です。

 

沢山の作品を見ることにより、

 

・これ前にも出てきたな

・この言い回しよく出てくるな

・この単語はこうも使えるのか

・この文法はこう応用できるのか

・この文法どうなってんの?

 

などというものが出てきます。

 

難しくて一旦スルーしたセリフも、似たよう形で再開することがあります。

 

仮に難しくても、「前にも見た = 使われる頻度が高め」なので、その時に覚えていけばいいと思います。

 

よって、学習範囲を絞りつつ、沢山の作品を見ることがメリットになります。

 

 

それと、面白い作品や本当に好きな作品に出合うのも大事なポイントです。

 

面白い作品は何度見ても面白いため、3回、4回と見ても苦ではありません。

 

ロードショーで放送されるたびに見るのと同じようなものです。

 

作品まるまる1本使って勉強する場合は、そのような作品に出会ってからでも遅くありません。

 

好きな作品や面白い作品を教材として使うと、記憶の定着率も変わってきます。

 

まとめ

 

・映画やドラマでの学習はリスニングと語彙の強化が目的

 

・1回目の視聴から勉強を始める

 

・学習範囲を絞る (半分以上聞き取れたセリフ、英会話で使えそうなセリフ、気になるセリフなど)

 

・難しければ日本語吹き替え+英語字幕もおすすめ

 

・2回目の視聴は1回目に学んだことの確認と復習

 

・少しできる部分をもっとできるようにしていく

 

・映画1本ドラマ1本完璧にすると意気込むと勉強が続かない

 

・何度も見られる面白い作品や好きな作品に出会えたら最高

 

・以上の勉強法ができる Netflix が最強