英語多読の王道本「ラダーシリーズ」の解説とおすすめシリーズ

 

・英語の多読や小説を読みたいけど、どんな本を選べばいいのか分からない

・内容のあるものを読みたい

・本のレベルを知りたい

 

このような方におすすめなのが「ラダーシリーズ」です。

 

 

ラダーシリーズの特徴

 

ラダー」とは「ladder(はしご)」です。

 

梯子のように、段階を踏んで英語のレベルを上げていけるのがラダーシリーズの特徴になります。

 

そして、もう1つ特徴があります。

 

それは、「辞書不要」というところです。

 

巻末に、本に使われている単語がabc順に全て載っています(発音記号は無し)。

 

そのため、意味を調べるためにわざわざ本を閉じる必要がありません。

 

それと、つまづきやすいのは、人名・地名などの固有名詞や、難しい専門用語です。

もちろんそれらも載っているため、小説を読む流れが滞ることもありません。

 

このラダーシリーズはジャンルも幅広く、好きなものを選ぶことができます。

Amazonでラダーシリーズを見る

 

もし気になるものが無ければ、短編集がおすすめです(後述します)。

 

また、本の厚さや値段は少しバラツキがあります(大体1000円前後)。

 

ちなみに800円(定価)のシャーロック・ホームズの冒険はこのくらいのサイズです。

(総単語数20350語、127ページ) 

ラダーシリーズのサイズ比較

サイズ比較

 総合英語シリーズと比べても小ぶりなので、持ち運びにも便利です。

 

 

ラダーシリーズのレベル比較

 

ラダーシリーズは大きく分けて5つのレベルがあります。

 

レベル1 1000語 TOEIC300~400 英検4級 iTEP0.0~1.0

レベル2 1300語 TOEIC400~500 英検3級 iTEP1.0~2.0

レベル3 1600語 TOEIC500~600 英検準2級 iTEP2.0~3.0

レベル4 2000語 TOEIC600~700 英検2級  iTEP3.0~4.0

レベル5 制限無  TOEIC700~   英検準1級 iTEP4.0~

 

<使用語彙>

レベル1: 中学校で学習する単語 約1000語

レベル2: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約300語

レベル3: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約600語

レベル4: レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約1000語

レベル5: 語彙制限なし

 

 

レベル1~2は中学英語の知識があれば読むことができます。

 

レベル3からは文章が複雑になってくるため、中学英単語に加え、ある程度の文法知識も必要になってきます。

 

※レベル3以上は中学校レベル外の単語のみ巻末に載っています。

 

 

ラダーシリーズの選び方とおすすめ

 

多読は、ある程度流して読めるレベルの本が効果的です。

 

辞書がなければ読めない内容を多読の教材にしても、効果がありません。

 

多読は暗記や精読ではなく、「英語に対する慣れ」の練習と言えるからです。

 

そのことを踏まえつつ、上記の表から、自分のレベルに合ったものを選びます。

 

初めて英語の小説を読む場合は、少し簡単だと思えるレベルがちょうど良いと思います。

また、最初のうちは1冊を何週もするのがおすすめです。

 

そして、自分が興味のある本を選びます。

 

全く興味がない題材では、そもそも読み続けることが負担になります。

途中で投げ出してしまうかもしれません。

 

もし興味を引かれるものがない場合、おすすめなのが短編集です。

 

1冊の中に複数のお話が入っているため、1話が短く、色々な物語が楽しめます。

それに、どこかで見聞きした物語も多く、頭に入りやすくなります。

 

短編集には主にこのようなものがあります。