hololive-ENで英語の勉強【Vtuberでの勉強法とポイント】

 

記事の内容

 

hololive-EN(ホロライブイングリッシュ)について

 

英語圏Vtuberで勉強するメリットとデメリット

 

各Vtuberの特徴

 

Vtuber の動画を使った勉強法とポイント

 

 

ホロライブ』というバーチャルYouTuber事務所があります。

 

hololive-EN』とは『ホロライブイングリッシュ』の略で、英語圏向けVtuberの方が所属しています。

 

いずれも英語が話せる海外出身の方ですが、日本語を流暢に話せる方が何人もいます。

 

 

そのような方たちがゲーム実況や会話しながら視聴者のチャットを見たり、Vtuber同士のコラボを行っています。

 

よって、Vtuber やゲーム実況が好きで、なおかつ英語も勉強したいという方にとって最強の英語学習教材の1つになっています。

 

 

 

英語圏Vtuberで英語を学ぶメリット

 

Vtuberで英語を学ぶメリット

 

ネイティブが普通の会話を話している

 

アメリカ、オーストラリア、カナダなど多国籍

 

日本語や複数言語を話せるバイリンガルがいる

 

動画数や種類が豊富

 

実況動画として楽しめる

 

テキストを読んでくれる

 

Vtuber同士のコラボがある(若い世代の英会話が聞ける)

 

推しがいれば学習のモチベが高まる

 

日英字幕の切り抜き動画がある

 

 

Vtuberで英語の勉強をするのは、このようなメリットがあります。

 

 

教材や洋画・海外ドラマのセリフではなく、ネイティブが普通に話している英語を題材にしたい方も多いです。

 

そのような方にはうってつけで、日本人の動画を見るのと全く同じ環境に置くことができます。

 

 

勉強になるのは、リスニングと「こんな時にはこう言うのか」や「英語ではこう表現するのか」などリアルな言い方を知ることができます。

 

※具体的な勉強法は後述します

 

 

また、Vtuber同士でコラボすることがあり、その時は完全なネイティブ英会話を聞いている状態です。

 

英語学習の注意点

 

メリットだけではなく注意点も存在します。

 

注意点

 

Vtuberに興味がなければ教材の選択肢にならない

 

ネイティブが普通に話しているのでレベルが高い

 

教材にするには一定の英語レベルが必要

 

洋画などと違って字幕がない

 

自動翻訳は使えるが正確ではない

 

ライブ配信では動画を巻き戻せない

 

 

ネイティブが普通に話しているため、教材としてのレベルは高く、学習という点では一定の英語レベルを求められます。

 

そのため、英語初心者ではかなり負荷が高くなります。

 

 

何よりドラマのセリフではないので、言い直したり言葉に詰まったりもします。

 

日本語で言う「あー」や「えー」なども間に入るので、それらを含めて聞き取れるレベルも求められます。

 

ライブ配信では巻き戻せないため、聞き逃したら終わります。

 

 

hololive-ENに所属するVtuber

 

現在、hololive-ENに所属するVtuberは11名(卒業生含む)です。

 

 

IRyS(アイリス)

 

Ouro Kronii(オーロ・クロニー)

 

Watson Amelia(ワトソン・アメリア)

 

Mori Calliope(森カリオペ)

 

Gawr Gura(がうる・ぐら)

 

Takanashi Kiara(小鳥遊キアラ)

 

Ceres Fauna(セレス・ファウナ)

 

Hakos Baelz(ハコス・ベールズ)

 

Nanashi Mumei(七詩ムメイ)

 

Ninomae Ina'nis(一伊那尓栖)

 

Tsukumo Sana(九十九佐命・卒業生)

 

 

多くはアメリカ英語圏ですが、正式に公表はされていません。

 

 

 

次は、各Vtuberの方の特徴を見ていきます。

 

IRyS(アイリス)

 

IRySは英語と日本語のバイリンガル(アメリカ出身)です。

 

悪魔と天使のハーフであり、そこがバイリンガル感を表しています。

 

 

英語もリスニングがしやすく、日本語だけを聞いたら日本人にしか聞こえません。

 

日本語のコメントも拾ってくれるため、日本語コメントが多いのも特徴です。

 

 

また、英語と日本語で同じことを言ってくれることも多いので、勉強になります。

 

よって、一番英語の勉強がしやすいVtuberです。

 

 

【公式チャンネル】

IRyS Ch. hololive-EN - YouTube

 

Ouro Kronii(オーロ・クロニー)

 

Ouro Kroniiはカナダ出身のVtuberです。

 

基本的に落ち着いたトーンで話し、聞き取りやすい英語を話してくれるので、日本人にとってリスニングしやすいです。

 

 

また、中学英語レベルの単語でも「カナダではこう発音するんだ」というのもあり、新たな発見があります。

 

 

他にも、トイレはイギリスで「toilet」、アメリカは「bathroom」と言います。

 

一方、クロニーは「washroom」と言います。

 

 

日本語は勉強中で、日本語を話す時は何故か子供みたいな話し方になります。

 

韓国語は結構できます。

 

 

【公式チャンネル】

Ouro Kronii Ch. hololive-EN - YouTube

 

Watson Amelia(ワトソン・アメリア)

 

Watson Ameliaはシャーロック・ホームズのような恰好をしていて、名前もその友人の医者をしてそうな名前です。

 

しかし、イギリス英語ではありません。

 

 

基本的に話す速度が一定なこともあり、リスニングしやすい方です。

 

ときどき爆弾発言をします。

 

 

日本語の授業を取っていたこともあり、日本語が少しできるのと、スペイン語も少し話すことができます。

 

 

【公式チャンネル】

Watson Amelia Ch. hololive-EN - YouTube

 

Gawr Gura(がうる・ぐら)

 

Gawr Guraは、子供がゲームをしているのを見ている感覚になるVtuberです。

 

世界一チャンネル登録者数が多いVtuberでもあります。

 

 

アメリカ英語で、リスニングは簡単な部分もあれば、難しい部分もあります。

 

モゴモゴ話す時はかなり難しいです。

 

 

声質や話し方のせいなのか、英語字幕が自動生成されないことがよくあります。

 

日本語はちょこっとだけでき、日本語を話す時は完全に子供になります。

 

 

そして何故か山下達郎の『Ride on Time』を歌えます。

 

 

【公式チャンネル】

Gawr Gura Ch. hololive-EN - YouTube

 

Mori Calliope(森カリオペ)

 

Mori Calliopeはアメリカ出身のハスキーボイスのVtuberです。

 

ハッキリ話すので、英語は聞き取りやすい方です。

 

 

歌も上手いですが、中でもラップの上手さが異常です。

 

日本在住であり、日本語もかなり上達しています。

 

 

【公式チャンネル】

Mori Calliope Ch. hololive-EN - YouTube

 

Takanashi Kiara(小鳥遊キアラ)

 

Takanashi Kiaraはオーストリア出身のVtuberです。

 

母国語はドイツ語ですが、英語で配信しています。

 

時々、コラボでドイツ語講座も開いています。

 

 

また、日本に住んでいたこともあり日本語もペラペラで、ビジネスイタリア語もできます。

 

 

普通に話す時は聞き取りやすいのですが、テンションが上がるとリスニングの難度が上がります。

 

 

【公式チャンネル】

Takanashi Kiara Ch. hololive-EN - YouTube

 

Ceres Fauna(セレス・ファウナ)

 

Ceres Faunaアメリカ英語ですが、おっとり系ふにゃふにゃボイスなので、最初は聞き取りにくいかもしれません。

 

ただ、話す速度は速くないので、慣れたら聞き取りやすくなります。

 

 

よく笑いながら話しますが、たまにダークサイドが出ます。

 

【公式チャンネル】

Ceres Fauna Ch. hololive-EN - YouTube

 

Hakos Baelz(ハコス・ベールズ)

 

Hakos Baelzは日本語を10年以上勉強しており、日本語つよつよです。

 

今は韓国語も勉強しています。

 

 

オーストラリア出身で、たまにオーストラリア発音が出ます。

 

例えば、「tomato」はアメリカでは「トメイト」と発音されます。

 

一方、オーストラリアでは、日本語に近い「トマト」と発音する人もいます。

 

 

そのようなオーストラリア特融の発音を他のアメリカ英語圏のメンバーにいじられたりします。

 

 

【公式チャンネル】

Hakos Baelz Ch. hololive-EN - YouTube

 

Nanashi Mumei(七詩ムメイ)

 

Nanashi Mumeiは大人しく話すことが多く、リスニングが難しい部分もあります。

 

若干文法通りに話していない部分もあり、英語圏の人にも「ムメイで英語を学ぶのは少し難しい」と言われています。

 

 

おそらくアメリカ出身です。

 

日本語は少しでき、独特なセンスの絵を描きます。

 

ときどきサイコが出ます。

 

 

【公式チャンネル】

Nanashi Mumei Ch. hololive-EN - YouTube

 

Ninomae Ina'nis(一伊那尓栖)

 

一伊那尓栖の読み方は「にのまえ いなにす」です。

 

英語はもちろん、日本語ペラペラで韓国語もできます。

 

 

おそらくどこかの訛りがあるのか、若干リスニングは難しいです。

 

 

そして、何故か寿限無を暗唱でき、イラストがプロレベルで上手いです。

 

 

2022年10月10日、体調不良により無期限休止中が発表されました。

 

 

【公式チャンネル】

Ninomae Ina'nis Ch. hololive-EN - YouTube

 

Tsukumo Sana(九十九佐命)

 

Tsukumo Sanaは、残念ながら卒業してしまいました。

 

卒業理由は腰(背中)の痛みで長時間活動することができなくなったのと、新しい夢を追いかけるためです。

 

が、アーカイブは見ることができます。

 

 

オーストラリア出身で、マクドナルドのことを「Macca's(マッカス)」とオーストラリア英語で言ってしまったことがあります。

 

 

イラストがかなり上手く、hololive-ENのイラストを手掛けたことがあります。

 

日本に留学したことがあり、簡単な日常会話ならできます。

 

 

【公式チャンネル】

Tsukumo Sana Ch. hololive-EN - YouTube

 

おすすめ勉強法はアーカイブ動画を見る

 

おすすめの勉強法は、動画をアーカイブで見ることです。

 

アーカイブで見るメリット

 

巻き戻せる

 

英語字幕を出せる

 

再生速度を変えられる

 

 

動画は巻き戻しかつ再生速度変更可能なのと、YouTube の機能で英語字幕を出せるのが一番大きいです。

 

※字幕を出せない動画もあります

 

 

ただ、字幕は YouTube の自動翻訳機能なので、たまに謎翻訳になっています。

 

しかし、リスニングの補助としては十分すぎる機能です。

 

 

デメリットとしては、字幕機能が使えるまで配信から2日ほど掛かる場合があるので、最新配信を追いかけにくい点です。

 

勉強する際に意識する2つのポイント

 

勉強のポイント

 

リスニング

 

英語での言い方を知る

 

 

勉強のポイントはこの2つです。

 

 

英語字幕をヒントに、聞き取れるまで繰り返しリスニング

 

英語での言い方(英語ではどのように言うのか)を学ぶ

 

 

アーカイブだと再生速度が変えられるため、聞き取れなかった部分を0.5倍速にして聞くのがおすすめです。

 

 

使えそうなフレーズや言い回しがあれば、スクショやメモを取って保存します。

 

それを見ながら、自分でも実際に言っているように繰り返し発音してみます。

 

 

一つの動画から全てを学ぶ必要はありません。

 

気になる部分を適度にピックアップしていくイメージです。

 

 

洋画や海外ドラマで学ぶ時と似たような勉強法です。

 

洋画や海外ドラマを使った英語の勉強法|おすすめは範囲を絞ること

 

3つの動画パート

 

動画は3パートに分けられます。

 

動画の種類

 

ゲーム実況動画

 

話しながら視聴者のチャットを見る

 

コラボ動画の英会話

 

 

そのVtuberは好きだけどプレイ中のゲームに興味がない場合は動画最後のチャットだけ見たり、コラボで会話をしている動画を見たり。

 

自分が見たい動画を選べるのもメリットです。

 

日英字幕の切り抜き動画で学ぶ

 

配信で学ぶのはレベルが高いという方は、英語字幕が付いている切り抜き動画がおすすめです。

 

1動画が短く繰り返し見ることができ、英語ができる方や海外の方が字幕を付けいます。

 

 

更に、YoutTube の英語字幕化が早いというメリットがあります。

 

動画に日本語字幕しか付いていなくても、YouTube の機能で英語字幕を出せればリスニングの補助になります。

 

 

 

勉強ができるおすすめ切り抜きチャンネルは以下の2つです。

 

がるぜん / ホロライブEN和訳

 

がるぜん / ホロライブEN和訳』チャンネルは、英語と日本語の字幕付きの動画を上げています。

 

最後に動画に出てきた表現を「今回のポイント」として載せてあるのも特徴です。

 

ホロで英語 [和訳切り抜き]

 

ホロで英語 [和訳切り抜き]』チャンネルは、hololive-ENの動画を使った英語解説動画も上げています。

 

日本語字幕だけの動画が多いですが、YouTubeの自動翻訳機能と合わせると、優秀な補助になります。

 

まとめ

 

・英語ネイティブVtuberは最強教材の1つ

 

・国籍、キャラ、動画が様々

 

・アーカイブに英語字幕を付けるのがおすすめ

 

・学習ポイントはリスニングと英語での言い方を学ぶこと

 

・難しければ切り抜き動画で学ぶのがおすすめ

 

 

 

ゲームでの英語学習については「ゲームで英語の勉強! ゲーム学習のメリットと注意点【Steam で英語の勉強】」もご覧ください。