ゲームで英語の勉強! ゲーム学習のメリットと注意点【steam で英語の勉強】

 

 

 

 

英語の勉強をゲームでするメリット

 

英語学習ツールの1つとしてゲームがあります。

 

私も英語でゲームをプレイしていて、動画も上げています。

 

英語版のゲームは基本的に店では売っていないため、以前は入手するだけでも大変でした。

 

しかし、今は本当に便利になり、安い価格でダウンロード可能になりました。

 

そこで、ゲームで英語を勉強する大きなメリットを上げてみようと思います。

 

リスニングの練習になる

 

1つ目はリスニングの練習になることです。

 

最近のゲームはフルボイスや、それに近いゲームが多くあります。

 

実際の英会話を聞けることはメリットしかありません。

 

しかも、ゲームによっては日本語と英語の切り替えや、英語音声+日本語音声など切り替えが可能です。

 

やっていることは洋画や海外ドラマでの勉強と同じです。

 

英語の多読教材になる

 

2つ目は「遊びながら多読の教材になる」です。

 

ゲームはテキスト数が膨大で、モノによっては小説を読むのと変わらないレベルです。

 

また、セリフは口語、説明文などには書き言葉が使われているなど、様々な英語が登場します。

 

登場人物の身分の違いによっても話す英語が変わります。

 

分からない部分や気になる部分はスクショを取れば簡単に復習できます。

 

英語が頭に残りやすい

 

3つ目は英語が頭に残りやすいことです。

 

ゲームのストーリーや映像と共に英語が頭に入ると、記憶に残りやすくなります。

 

これは漫画やドラマのセリフを覚えているのと同じ要領です。

 

印象に残った部分は強烈なイメージとして記憶されます。

 

何度でも楽しめる

 

4つ目は何度でも楽しめることです。

 

過去に遊んだゲームをやり直したり、周回プレイだったり、明確なゴールがなかったり。

 

面白い映画やドラマは何度でも見られるように、ゲームも同じです。

 

特に最近はリメイク作品が多く出ています。

 

そのため、子供の頃に日本語で遊んだゲームを英語でプレイする楽しみもあります。

 

有名なセリフがどう訳されているのかを知ったり、逆にこんな風に訳されているんだという発見もあります。

 

ゲームを録画できる

 

5つ目は「好きな部分を自由に録画できる」ことです。

 

私が英語版ゲームを録画をしているのは、復習できるからというのが大きな理由です。

 

どちらかというと、すぐにセリフを巻き戻せないことや、ムービーを1回しか見れないというゲームの弱点解消が近いかもしれません。

 

録画をすれば、洋画や海外ドラマと同じように、何度でも巻き戻すことができます。

 

他には、ゲームのストーリーを見直すことにより、意外な発見があったり、プレイ中は気付かなかったことが分かったりと、ゲーム部分でのメリットもあります。

 

ゲームの録画方法

 

Windows 10 には Xbox Game Bar という録画機能が標準装備されています。

 

Windows + G」を押すとゲームバーが起動し、簡単に録画できます。

 

ただ、稀に録画できないゲームがあるため、その場合は別途録画ソフトを用意する必要があります。

 

英語版ゲームを遊ぶ際の注意点

 

英語版ゲームを遊ぶ際に注意点すべき点はいくつかあります。

 

・市販のゲームで英語化できるものは少ない

・ダウンロード販売サイトで売っているとは限らない

・最新のゲームをするにはそれなりのPCスペックが重要

 

英語化できる市販のゲームは少ない

 

1つは市販されている日本語版を英語化できるゲームは限られる点です。

 

最近はオプションの言語設定で言語を切り替えられるゲームが増えつつありますが、数は多くありません。

 

そうなったら英語版を買うしかないのですが、今は便利な世の中。

 

steam というゲーム販売サイトで楽に遊ぶことができます。

 

英語でゲームをするには steam が鉄板だけど……

 

steam はゲームのダウンロード販売サイトです(詳しくは後述します)。

 

最大のメリットは、自由に言語の選択ができる点です。

 

ただし、全ゲームが販売されているわけではなく、有名タイトルや有名企業でも全く売っていない場合もあります。

 

そして、中には売っていても日本では買えないゲームも存在します。

 

通称「おま国」と呼ばれるもので、「お前の国には売らないよ」ということです。

 

日本のゲームなのに日本で買えないものがあるのは難点です。

 

PCとそれなりの環境が必要

 

3つ目はそれなりの環境が必要な点です。

 

steam で英語版ゲームを遊ぶ場合は、基本的にPCが必要になります。

 

そして何より、PCのスペックが重要です。

 

最新のゲームを遊ぶには、それなりのスペックのPCを用意する必要があります。

 

 

ただ、最新以外のゲームはそこそこスペックでも遊べるので、遊びたいゲームによっても変わってきます。

 

もし高画質にこだわりが無ければ、設定で画質などのクオリティを落とすことで、快適に遊べるようになるゲームも多いです。

 

 

そして、キーボードではなくコントローラーで遊びたい場合はコントローラーを買わなければいけません

 

私が使っているPC用ゲームのコントローラー(ゲームパッド)は【ELECOM JC-U3613MBK】というものです。

 

USBに挿すだけで使えるので重宝しています。

 

約1年使っていますが、どこも不具合はありません。


他にも色々なコントローラーが存在しますが、どれも当たりはずれがあったり、模造品が出回っていることもあるようです。

 

というより、家庭用ゲーム機に付いてくるコントローラーが耐久性や操作性が異常に高いだけかもしれません。

 

 

他にはゲーミングPCというものがありますが、一式を揃えるとなると、家庭用ゲーム機の数倍以上の値段はします。

 

steam で英語の勉強

 

先述した steam というサイトはゲーム販売サイトです。

store.steampowered.com

 

購入してダウンロードするだけで遊ぶことができ、言語の切り替えも可能です。

 

私もここで購入しています。

 

steam には家庭用にはない大きなメリットがあります。

 

タイトル数が膨大

 

steam は様々な国のゲームが集まっています。

 

そのため、プレイするゲームに困ることはありません。

 

数円から数百円で買えるものもあり、中には日本語化されていないゲームも沢山あります。

 

少し話はズレますが、英語を勉強すれば、日本語化されていない海外産のゲームを遊べるメリットが生まれます。

 

セールで安く買える

 

steam ではときどきセールが開催されます。

 

その期間中は50%~80%の割引はザラにあり、お金を節約できます。

 

家庭用をそこまで安く買うには中古で買うしかありませんが、steam ではダウンロードのメリットが活かされています。

 

言語の選択が自由にできる

 

先述したように、言語の選択が自由にできます。

 

ゲームによっては5~10以上の言語から選択可能です。

 

そのため、英語以外の言語を勉強する場合にも最適です。

 

どの言語が選択可能かは販売ページに記載されています。

 

steam のおすすめゲーム

 

steam のおすすめゲームは、有名タイトルと無料の体験版です。

 

 

有名タイトルはハズレが少なく、勉強を抜きにしても面白いゲームが沢山あります。

 

それに、英語ボイスが付いていることが多いです。

 

また、攻略やストーリー考察など、英語のサイトでも情報がたくさん上がっており、副次的な勉強もできます。

 

中でもFFシリーズクロノトリガーは定期的に半額~半額以下になっている、おすすめシリーズです。

 

他には龍が如くシリーズ(英語タイトルは Yakuza)、バイオハザードシリーズ(英語タイトルはResident Evil)、「Undertale」、「Life is Strange」、「Tomb Raider」など。

 

 

もう1つは無料の体験版です。

 

体験版はボリュームも適度で、サクっと遊ぶのに最適です。

 

もし仮に面白くなかったとしたら、やめればいいだけです。

 

コストが掛からない分、有名どころからインディーズまで、色々なジャンルを攻めることができます。

 

また、体験版をダウンロードすることにより、製品版を買う前に自分のPCで遊べるか動作チェックをすることもできます

 

海外産のゲーム

 

海外産のゲームなら元から英語で、なおかつ日本とは少し感じの違う面白いゲームが数多くあります。

 

ただ、ゲームで英語学習という観点からすると、数は限られてくるかなと思います。

 

海外産のゲームはスラングや発音の訛りなど、全体的なレベルは高めです。

 

よって、英語の勉強をしている段階では英語化された日本産や、日本語と英語を選択できるゲームが無難だと思います。

 

逆に英語上級者なら、選び放題です。

 

もし機会があれば、海外産のゲームもまとめてみようと思います。

 

ゲームを選ぶポイント

 

英語の勉強になるゲームを選ぶポイントは2つあります。

 

1つ目は自分が楽しめるゲームや、やりたいと思えるゲームです。

 

英語の勉強だからと言って半ば義務的にやろうとすると、途端にモチベーションが失われます。

 

楽しめるゲームなら、自然に英語の勉強が続き、英語も身に付いてきます。

 

 

2つ目はどんな勉強をしたいかです。

 

例えば、多読をしたいのならRPGやビジュアルノベルのような文字を読むゲーム

 

これは文章を読んで理解しないと、ストーリーも理解できません。

 

リスニングの練習をしたいなら、英語音声や英語字幕を自由に切り替えられるものや、会話が多く出てくるストーリー形式のゲームなど

 

ただ、最近は多読もリスニングも兼ねることができるゲームが増えています。

 

まとめ

 

・ゲームは遊びながら勉強ができる

・ゲームならではのメリットがある

 

・最新ゲームを遊ぶにはそれなりの環境が必要

・言語選択ができる steam が鉄板

・おすすめは有名タイトルと無料体験版

 

・自分が楽しめるゲームを選ぶ

・ゲームでどんな勉強をしたいかを考える

・海外産は英語のレベルが高め