速読速聴・英単語シリーズの解説とレベル比較。使い方と勉強法とは【万能英単語帳】

 

速読速聴・英単語シリーズはZ会の出版です。

 

このシリーズはタイトル通り、英単語帳という位置付けになっています。

 

しかし、ただ英単語帳として使うだけでは非常に勿体ない本です。

 

 

本シリーズは「文脈主義」と「テーマ別主義」に基づいて作成されています。

 

会話や様々な形式の英文の中に、重要語彙が盛り込まれてる構成です。

 

それにより、単語がどんな文脈でどのように使われるか、どんな単語と関連性があるのかを同時に学ぶ事ができます

 

実際の使われ方を学びつつ、暗記する価値のある英文になっています。

 

そのため、リスニング、スピーキング、シャドーイング、英会話のフレーズ集、文章の参考など、多岐にわたる使い方ができます。

 

受験英語のその先を見据えた、実際に使える英語の学習、そして英語の能力を総合的に上げることができる教材です。

 

英語の学び始めから、このような全体的な英語能力を上げる学習方法を取ると、後々の英語学習が楽になっていきます。

 

よって、中学生や英語を勉強しなおしたい社会人など、幅広くおすすめできる英単語帳です。

 

 

そのような速読速聴・英単語シリーズの比較と使い方、勉強法を見ていこうと思います。

 

※バージョンによって大幅な改定がなされているので、改定ポイントも載せています。

 

 

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3

 

Basic2400は中学~高校初級の単語・熟語が2400語(単語1900+熟語500)掲載されています。

 

目安はTOEIC500点台、英検3級

 

レベル的には中学英語の総復習ができる初級編です。

 

よって、中学生の英単語帳としてだけではなく、英語学習のやり直しまでカバーしています。

 

英文読み上げ音声は序盤のパートはゆっくり再生され、後半になるにつれて通常速度に近づいていきます。

 

そのため、リスニング初心者も安心して取り組むことができます。

 

他にも体のパーツ、動物、虫、花、病名、電化製品などが簡単にまとめられているのもポイントです。

 

 

Basic2400は英語のレベルとしては簡単ではあります。

 

が、「実際に英語を使う」という視点で見ると、このレベルを自由に使いこなせるようになれば、簡単な日常会話ではかなりの語彙力になります。

 

英会話の語彙を増やしたり、スピーキングを伸ばしたい場合、日本語訳を見て英語に訳すトレーニングをするのもおすすめの使い方です。

 

ver.3 改訂のポイント

(1) Part 1(中学英語)の英文をすべて新しく書き下ろしました。

英文で使用する文法にも配慮し、より読みやすくおもしろい英文になっています。

(2) 中学の検定教科書を改めて分析し、掲載単語を一部見直しました。

(3) レイアウトデザインをさらに見やすくリニューアルしました。

 (内容紹介より引用)

 

 

速読速聴・英単語 Daily1500 ver.3

 

Daily1500は、Basic2400よりレベルの上がった1500語(単語1200+熟語300)掲載されています。

 

Basic2400とCore1900の間に位置する初中級になります。

 

レベルはTOEIC500~700点、英検2級

 

日常的な11のトピック(日常生活、旅行、ショッピング、食事・料理、スポーツ、健康・癒し、音楽・アート、サイエンスなど)に分かれています。

 

その中に、メール、会話、webサイト、広告、記事などの文章形式を盛りむことにより、多様な英文になっています。

 

英文は全143本。

 

 

英単語帳としての単語レベルは一般的なものです。

 

が、こちらも「実際に使う」という点においては、このレベルの文章を自由に英訳⇔日本語訳ができたり、応用できるようになれば、日常生活ではあまり困らなくなると思います。

 

また、Daily1500の音声は最初からナチュラルスピードで、Basic2400のリスニングが比較的簡単に思えた人でも、リスニングが難しく感じるかもしれません。

 

それだけに、この1冊を突破できれば、その分英語の能力が飛躍的に上がることになります。

 

「Basic2400+Daily1500」をマスターすることが一つのレベルの区切りです。

 

ver.3改訂のポイント

(1)章構成を再編し、英文の約40%を新しいものに差し替えました。

(2)コミュニケーションに役立つように、各章にストーリー仕立ての英文を取り入れました。

(3)学習した単語を復習するページ(Review)を各章末に掲載しました。

(4)学習しやすいように、レイアウトデザインをリニューアルしました。

 (内容紹介より)

 

 

速読速聴・英単語 Core1900 ver.5

 

Core1900は1900語(単語1400+熟語500)掲載されています。

 

レベルはTOEIC600~800点、英検2級~準1級

 

中級に位置しています。

 

前半パートは News Articles という130語前後の英文(全64本)。

 

後半パートは Short Passages という20~50語前後の短文(全25UNIT)。

 

この2パート構成になっています。

 

 

Coreとは、英字新聞、インターネットの英語、英語放送を理解するためのコア・ボキャブラリー(現代英語の中核)から取られています。

 

つまり、ネイティブレベルに必須の一般的な基礎語彙が学べます。

 

このCore1900は上級者へ向かうための架け橋であり、1つの壁でもあります。

 

それだけに、Core1900をマスターできれば、相当な実力が付いたと言っていいと思います。

 

ver.5 改訂のポイント

1. Part Iの英文の7割以上を刷新。

2. CEFRのB2レベルを中心に重要語を選定。

3. Part IのQuizを英文Quizにレベルアップ。

4. スラッシュと読み下し訳をなくし、英文のかたまりをとらえながら読み、自然な通常訳の中で見出し語の意味を確認できるように変更。

5. 時事コラム及びTOEIC 重要度マークを更新。

 (内容紹介より)

 

 

速読速聴・英単語 Opinion1100 ver.2

 

Opinion1100は1100語(キーフレーズ250+単熟語850)掲載されています。

 

レベルはCore1900と同じ中級です。

 

しかし、こちらは Opinion の名の通り、英語で自分の意見を述べる時の助けとなるキーフレーズが学べます。

 

よって、全体的にアウトプットすることに重点が置かれた作りになっています。

 

そのため、どちらかというと英作文やスピーキング、英語でのプレゼンのための英単語帳という立ち位置です。

 

また、英文やリスニングのレベルが高めになっており、Core1900で学習できるレベルでないと、満足に学習することが難しいと思います。

 

逆に、このレベルを使いこなせれば、日常で困らないどころか、相当な英語レベルに達していることになります。

 

出版社の設定はCore1900と同じ(TOEIC600~800点、英検2級~準1級)ですが、英検1級を目指すテキストとして使うこともできるレベルです。

 

ver.2 改訂のポイント

1.初中級レベルのPart 1と中級レベルのPart 2の2部構成に。

2.掲載英文をほぼ一新。

3.見出し語として,単語・熟語に加えて,意見を述べる際に役立つキーフレーズをピックアップ。

4.キーフレーズを使いこなし,意見を述べる練習をするページ(Key Phrases & Practice)を掲載。

 (内容紹介より)

 

 

速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.5

 

Advanced1100は1100語(単語950+熟語150)掲載されています。

 

レベルはTOEIC900点台、英検1級を目指す方。

 

Advanced1100は速読速聴・英単語シリーズの中で一番の高難度である上級に君臨しています。

 

語彙レベル、文法レベル、記事全体のレベルが高く、文字通りシリーズ最後の砦です。

 

トピックは政治・医療・歴史・文化・国際・SNSなど幅広く、英文は新聞や専門誌からの出典と、ネイティブによる書き下ろしで構成されています。

 

他のシリーズと比べて分厚く、情報量も多くなっています。

 

それにより、リーディング教材としても使うことができます。

 

そして何より、1冊でこのレベルの英文を使った様々な学習(語彙・リスニング・リーディングなど)ができる教材はあまり多くありません。

 

※音声はCDから無料ダウンロード式になりました。

 

改訂ポイント:その1

「英文と語彙を見直し、上級者にさらにふさわしい内容に!」

英文の50%を新しいものに入れ替え、「歴史・文化」の章を新たに加えました。

また、 上級レベルによりふさわしい内容になるよう従来の内容を見直し、36%の見出し語を入れ替えました。

 

改訂ポイント:その2

「英英定義を増やし、レビューテスト(章末問題)を新設!」

理解度とアウトプット力向上のため、見出し語の英英定義をより充実させました。

さらに、知識を整理しながら学習を進められるよう全3回のレビューテスト(章末問題)を新設しました

 

改訂ポイント:その3

「長文の音声と、単語の読み上げ音声をウェブサイトで提供!」

長文はナチュラルスピードで読まれていますので、速読やリスニングのトレーニングなどにご活用いただけます。

 (内容紹介より)

 

 

速読速聴・英単語 Business 1200 ver.2

 

Business 1200は1200語(単語1120+熟語80)掲載されています。

 

レベルはTOEIC700~900点、英検準1級~1級

 

中上級に位置付けされています。

 

Business 1200はその名の通り、経済、経営、財政、金融、会計、マーケティングなど、ビジネス用語をメインにした英単語帳です。

 

注意点は、それらについてある程度の予備知識がないと厳しい、という点です。

 

そのため、使い手を選ぶ本になっています。

 

一応、用語の解説が付いている部分はありますが、あくまでも補助程度です。

 

しばらく改訂版が出ていませんでしたが、2021年3月15日に「速読速聴・英単語 Business 1200 ver.2」が発売されるようです。

 

 

TOEIC(R) TEST 速読速聴・英単語 STANDARD 1800 ver.2

 

STANDARD 1800速読速聴・英単語シリーズのTOEIC対策版です。

 

収録語数は1800語(単語1600+熟語200)。

 

目安はTOEIC500~700点台を目指す方です。

 

TOEICの試験形式の英文124本の中に基礎~中級の語彙が含まれており、音声もアメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人が担当しています。

 

TOEICを初めて受ける方から使うことのできる内容になっています。

 

また「TOEIC Tips」という、TOEICの試験だけではなくビジネスにも役立つミニ情報が盛り込まれています。

 

ただし、他のTOEIC用教材と比べて、ガチガチのTOEIC特化というよりも、TOEICを含む幅広い英語を学ぶ教材という印象です。

 

しかしその分、他のシリーズと同様に、長文を読む読解力、リスニング、スピーキング、ライティング、ビジネス英会話など、様々な用途で使えるメリットがあります。

 

よって、いつかTOEICを受けることを見据えつつ、ビジネス寄りの英語を総合的に学ぶ場合にはおすすめの教材です。

 

速読速聴・英単語シリーズの中では分厚い方で、全てをやり切ると、相当な力が付きます。

 

旧版との大きな違いはミニ模試が追加されたことです。

 

音声は無料ダウンロード形式です。

 

ver.2 改訂のポイント

1. 英文を通して重要語を学ぶPart Iとミニ模試に取り組むPart IIの2部構成に。

2 .新形式問題に対応し、第1部の英文の約20%を刷新。

3. 見出し語を約10%差し替え。

4. TOEIC L&R・S&Wテストのミニ模試を追加。

5. 長文に加えて、単語読み上げの音声も特設サイトで提供。

 (内容紹介より)

 

 

TOEIC(R) TEST 速読速聴・英単語 GLOBAL 900 ver.2

 

GLOBAL 900はSTANDARD 1800の1つ上のレベルに位置します。

 

目安はTOEIC800点~

 

収録語数数は900語(単語700+熟語200)。

 

こちらも STANDARD 1800と方向性は同じです。

 

その他のおすすめTOEIC教材はこちらをご覧ください。

www.1karaeigo.com

 

ver.2 改訂のポイント

1. 英文を通して重要語を学ぶPart Iと,ミニ模試に取り組むPart IIの2部構成に。
2. 新形式問題に対応し、Part Iの掲載英文の25 %を刷新。
3. 見出し語を約18%差し替え。4. TOEIC L&R・S&Wテストのミニ模試を追加。
5. 長文に加えて、単語読み上げの音声も特設サイトで提供。

 (内容紹介より)

 

 

速読速聴・英単語シリーズの使い方と勉強法

 

以上、8冊を見てきました。

 

レベルの幅も広く、英語学習し始めの方や、やり直したい社会人、英語のレベルを上げたい中級者以上の方まで使えます。

 

いずれも、実際に使える英語を身に付けるための総合学習教材として最適です。

 

そして何より、英単語を覚えるだけではなく、様々な使い方ができるのは先述した通りです。

 

そのため、自分の上げたい能力に絞った使い方ができます。

 

 

全てに共通する勉強法としては、リスニングと音読と精読(と余裕があればシャドーイング)がおすすめです。

 

・英文を見ずに3回音声を聞く

・英文を見ながら音声を聞く

・聞き取れなかった部分があれば確認する

・英文を見ずに音声だけを聞く

・単語の意味や文法を確認しながら精読

・単語の暗記

・英文を見ながら音声を聞く

・英文を見ずに音声を聞く

・英文を音読する

・できるだけ音声と同じようなリズムや発音で音読してみる

・英文を見ずに音声を聞く

・全体を聞き取れて意味が取れるようになったら次のパートへ

このような流れです。

 

単語を暗記する際は、その単語だけではなく、文章ごと覚えるようにします。

 

そうすることにより、使い方も覚えることができ、アウトプットもしやすくなります。

 

なかなか聞き取れない部分は、その1文だけ何度でも聞きなおします。

 

もし余裕があれば、

・英文を見ながら音声を流し、音声をコピーするように音読する(シャドーイング)

・言えない部分があれば、区切って練習する

・全体を通して言えるようになるまで練習する

という練習も混ぜます。

 

 

音声と真似して音読することは、英文独特のリズムや発音を学ぶ事に繋がります。

 

それにより、リスニング・スピーキングの能力も上げることができます。

 

なかなか言えない英文は、その部分を抜き出して何度も口に出します。

 

 

ただし、最初から全てをやろうとすると負荷が大きいため、精読、リスニング、音読などを分割して行っても問題ありません。

 

1週目は「音声を聞く→単語暗記→精読→音声を聞く→次に行く」と軽く進んでいき、2週目、3週目に音読やシャドーイングなどを混ぜていってもいいです。

 

ポイントは「1回でマスターしようとしない」です。

 

何週も何週もして頭に刷り込んでいきます。

 

 

他にも、「この英文はスピーキングや英作文に使えそう」と思ったら、ノートなどに抜き出すのもおすすめです。

 

その際、簡単な日本語訳を書いた付箋を本の端っこに貼っておき、見返しやすくしておくと復習も楽になります。

 

 

このように、リスニングと音読と精読をメインにしつつ、部分的な練習をやっていきます。

 

そうして覚えたフレーズや単語、その使い方は、スピーキングや英作文をする際の引き出しにもなります。

 

その結果、英語力が全体的に上がっていくことになります。

 

それを段階的にできるのが、速読速聴・英単語シリーズです。

 

 

1つ注意点を上げるとすると、少なくとも基本レベルの文法知識が求められる点です。

 

あくまで英単語帳という枠組みなので、文法の細かい解説はありません。

 

それにより、文法の知識が曖昧な場合は英文の構造で詰まる可能性があります。

 

その場合は文法の知識が足りていないということなので、別途文法も並行して学んでいきます。

 

【関連記事】

www.1karaeigo.com

www.1karaeigo.com

www.1karaeigo.com