英語の勉強を習慣づける方法とコツ

 

英語学習を習慣づけるには、いくつかの方法があります。

 

今回はそれに役立つ例をいくつかご紹介させて頂きます。

 

ですがその前に、英語学習が習慣化できない、もしくは続かない理由を見てみます。

 

それは自分が陥った罠でもあります。

 

しかし、そこに習慣化する鍵がありました。

 

 

勉強が継続できない理由

 

勉強が続かない理由は大まかに4つあります。

 

それを1つずつ見ていきます。

 

教材のレベルを上げすぎる

 

1つは教材のレベルを上げすぎることです。

 

例えば筋トレの場合、適切な負荷以上の、自分の筋肉量以上のトレーニングを毎日続けるのは難しいです。

 

人によって体が違うように、英語も人によって能力や経験値が異なります。

 

それに、日本人は学校で習った英語の知識があるだけに、

「このぐらいならできるだろう」

とレベルを上げがちです。

 

また、世間では良いトレーニングと言われていても、自分に合うかは分かりません。

 

そのため、自分の英語のレベルを知り、それに合った教材やトレーニングをしなければなりません。

 

それを見誤ると、結局続かなくなってしまいます。

 

やりすぎる

 

2つ目は、やりすぎることです。

 

特に新しいことを始める時はモチベージョンが高く、継続できない量からスタートしてしまいがちです。

 

例えば、新しい教材をやり始めた時。

 

ユニット1が終わり、もう少しやりたいと思ってユニット2もやる。

 

何ならユニット3も。

 

そのように、やる気が高いと量をこなしたくなります。

 

受験や試験のためや、学校の授業なら量をこなすことも良いと思います。

 

が、長期的な英語学習のことを考えると、効率的ではありません。

 

1日分を決めない

 

3つ目は、1日に学習する分量を決めないことです。

 

2つ目と少し被りますが、1日分の勉強量を決めず、成り行きに任せてしまうと、1日の目安が不明瞭になってしまいます。

 

結果、勉強自体も成り行きになってしまいます。 

 

サボる日がある

 

4つ目は、サボる日があることです。

 

意識的に1日サボると、いずれ再びサボります。

 

そうなると、いつの間にかサボり続けることになり、気付いたら勉強から離れていた、となりかねません。

 

「今日は勉強しなくてもいいか」は最大の敵です。

 

 

英語を習慣化する方法

 

ここまでは勉強が続かない理由の例を見てきました。

 

次は、英語学習を習慣化する方法です。

 

これを簡単に言うと、継続できない理由の逆をやることです。

 

自分のレベルを知り、教材を適正にする

 

・英会話は自分にはまだレベルが高いな

・この教材はまだ自分には難しいな

・この単語帳はちょっと難しめだな

 

そう思ったら、1つレベルを下げます。

 

教材には目安として、TOEIC何点や英検何級などの表記があります。

 

それにより、教材同士の比較ができます。

 

仮に表記がなかった場合、本屋でチラッと覗き見して他の本と比べてみるのもいいと思います。

 

実は、教材のレベルを上げるより、適切な位置に下げるほうが難しいです。

 

 

例えば、映画やドラマを使った勉強法があります。

 

実践してみたことのある人も多いと思います。

 

そして、

 

「それなりに英語の勉強をしてきたつもりだけど、何言ってるか全然分からない……」

 

となってしまった人も多いのではと思います。

 

そして、自信がなくなったり、落ち込んだりしてしまいます。

が、それでは先に進めません。

 

そんな時は、

 

まだ自分のレベルはここに達していなかった

 

ということを知るチャンスだったと思うことです。

 

何より映画やドラマでの勉強はレベルが高いです。

 

もし映画やドラマが難しければ、子供向けの作品や、非ネイティブ用のリスニング教材(初級編)。

 

それでも難しければ、簡単なものを1文1文切り取って、少しずつ進めます。

 

そして、段階的に学びつつ、映画やドラマで聞き取ることをリスニング学習の最終目標にします。

 

そのように、自分のレベルを知り、自分に合った教材のレベルを探すのが、英語の勉強を続ける鍵の1つです。

 

やりすぎないために1日分を決める

 

英語学習を継続する鍵の1つは、1日の分量を決めることです。

 

例えば、単語帳や文法書などの書籍なら1単元や1ユニット。

 

ドラマなら1話だけ、もしくは区切りの良い場面まで。

 

小説なら1章や区切りまで読む。

 

などなど、自分が1日に取れる時間と相談して、1日の量を決めます。

 

もしくは、複数の教材をルーティーン化するのも良いです。

 

以前の自分の例を上げると、

 

DUOセレクト(かDUO3.0)の1セクション

文法書1単元

Grammar in Useの1Unit

 

という流れは毎日やると決めていました。

 

時間や余裕があれば、1つずつプラスして数を増やしたり、入れ替えたりしていきます。

 

このルーティーン化の組み合わせは無限大です。

 

リスニングを鍛えたいならリスニングをメインに据えたり、ニュースサイトを見たいなら複数のニュースサイトを順繰りするなど。

 

ただ、ルーティーン化する場合、1つの教材は大体10分~長くても30分で終わらせられるのがちょうど良いと思います。

 

多くてもいけません。

 

多くて負担になるぐらいなら、少ないと思えるくらいの方が勉強は続きます

 

忙しくても1つはやる

 

忙しい日や疲れている日は絶対にあります。

 

それでもやります。

 

もちろん、毎日フルスロットルで勉強をするのではありません。

 

自分で決めた1日分の勉強を最低でも1つはやることです。

 

先ほどの自分の例だと、DUOを1セクションだけ、もしくはGrammar in Useの1Unitだけ(文法書の1単元は時間が掛かるため第2候補)。

 

それか、新しい単語や表現を1つだけ覚える

 

それだけでも十分です。

 

1日に1回でもやる、というのが何よりも大事です。

 

1回でも勉強すると、

 

「昨日もやったし今日もやるか」

 

と思えるようになってきます。

 

そして、いつしか勉強しない日の方が違和感を覚えるようになります。

 

そうなれば、勉強が習慣化したと言っても良いと思います。

 

 

まとめ

 

英語の勉強を習慣づける方法のまとめ

 

自分のレベルを知り、無理のないレベルを探す

やりすぎない

1日分の量を決める

1日に1回でもやる

 

以上になります。

 

時間の使い方や時間的余裕、英語のレベルなど、人それぞれ違います。

 

そのため、これらが全てとは言えません。

 

他にも続かない理由や、勉強を継続する方法はあると思います。

 

自分が経験したこれらの事が、ヒントの1つにでもなれば幸いです。