「door-to-door」の意味と使い方。日本語と英語の違いとは【ドア・ツー・ドア】

 

 

「ドア・ツー・ドア」の意味と使い方

 

ドア・ツー・ドア」「ドア・トゥー・ドア」「ドアtoドア」などと表記される言葉があります。

 

日本語では主に「戸口から戸口まで」という意味で使われています。

 

・荷物などを送り主(の戸口)から受取人の玄関まで運ぶ

 (依頼主の所に荷物を取りに行き、送り先に荷物を届けるドア・ツー・ドアの配送(輸送)サービス)

 

・家の玄関を出てから目的地(の戸口)までの所要時間

 (家から会社までドア・ツー・ドアで1時間)

 

・電車などの交通機関で大きな乗り換えなしで行ける

 (1つのホームで乗り換えができるなど)

 

・タクシーで玄関から目的地(の戸口)まで送り届ける

 (観光専用タクシーサービスなど)

 

このように日本語では「ドアからドア」が主な意味になっています。

 

この「ドア・ツー・ドア」は英語の「door-to-door」から来ています。

 

そのため、完全な和製英語ではありません。

 

しかし、意味と使い方は、日本語と英語では少し異なるので、注意が必要な言葉です。

 

英語の「door-to-door」の意味と使い方

 

英語の「door-to-door」の意味は2つです。

 

戸別訪問(一軒ごとに)

出発地から目的地まで(イギリス英語)

 

これが主な意味になります。

 

日本語の意味と使い方とは当たらずとも遠からずという感じです。

 

ただ、日本語では「戸別訪問」や「一軒ごと」という意味ではほぼ使われていないように思います。

 

「戸別訪問」「一軒ごと」という意味の「door-to-door」

 

英語では「戸別訪問」や「一軒ごと」という意味の「door-to-door」をよく見かけます。

 

例えば「door-to-door sales」。

 

これは「一軒ごとに訪問して販売する」=「訪問販売」を意味します。

 

または「go (from) door-to-door」の形で「一軒一軒訪ねる」と、自動詞的に使われます。

 

ハロウィンで「Trick or Treat」と言いながら子供たちが家々を訪ねまわるのも go door-to-door です。

 

They decorated houses and went door-to-door for candy.

→彼らは家を飾り、キャンディーのために一軒一軒訪ねました。

 

The police went door-to-door to 30 homes telling residents to evacuate.

→警察は30の家を一軒一軒回って避難を呼びかけた。

 

The troops went door-to-door searching for survivors.

→兵士たちは生存者を探すために一軒一軒回った。

 

They went from door to door handing out food supplies.

→彼らは食料を配るために家々を回った。

 

Will your child go door-to-door this year?

→今年、あなたの子供は家々を回りますか?

 

出発地から目的地を意味する「door-to-door」

 

出発地から目的地まで」という意味の「door-to-door」は、日本語とだいたい同じです。

 

ただし、英語だと「from door-to-door」の形になり、副詞的に使われます。

 

これはイギリス英語で、主にイギリス英語圏で使われます。

 

It took him 9 hours from door-to-door.

→彼は出発してから目的地に着くまで9時間掛かった。

 

I can go straight from door-to-door.

→私はここ(出発地)から目的地までまっすぐ行けます。

 

We are required to wear masks from door-to-door.

→私たちは道すがらマスクの着用を必要とされる。

 

まとめ

 

 ・日本での基本的な意味は「戸口から戸口まで」

・ 自宅から目的地までの所要時間

 

・英語は「戸別訪問」や「戸別に(一軒一軒)」

・「from door-to-door」という形で「出発地から目的地まで(イギリス英語)」