「That was a close call」の意味とは。「a close shave」との違いは?

 

 

「That was a close call」の意味

 

That was a close call」は「危機一髪だった」という意味です。

 

「close」は「閉まる」という動詞の「クロウズ」ではなく、「クロウス」という発音の形容詞です。

 

主な意味は「近い」「近接した」「親密な」です。

それ以外に、「きわどい」という意味があります。

 

一方、「call」は名詞ですが、この call が何を指しているのかは定かではないようです。

 

しかし、「(スポーツなどの)判定」、主に口語で使われる「決定」や「判断」から来ている説があります。

 

それらを合わせた「close(きわどい)call(判定)」から、「危機一髪」という意味になります。

 

また、応用として

have (be) a close call with ~

の形で

~から危機一髪で逃れる(助かる)

という使い方もできます。

 

更に、「That was close」という形もあり、こちらは日本語で言う「間一髪」になります。

 

「a close shave」の意味

 

似たような意味に「a close shave」というものがあります。

 

これを直訳すると、「(ヒゲの)深剃り」ですが、危機一髪の意味も持ちます。

 

髭を不用意に深剃りしてしまい、危うく血が出そうだったけど、ギリギリ大丈夫だった、という場面を想像すると、「危機一髪」という使い方もイメージしやすくなると思います。

 

a close shave も a close call と使い方は同じです。

 

もちろん、本当に髭などを深剃りする場合は「have a close shave(深剃りする)」となります。

 

「黒ひげ危機一発」を英語で言うと?

 

おまけの話。

 

黒ひげ危機一発というおもちゃがあります。

 

本来は「危機一髪」ですが、ゲーム性と掛けて「危機一発」になっています。

 

このおもちゃを英語では「Pop-up Pirate」と言います。

 

英語では何にも掛かっていない名称でした。

 

例文

 

He had a close call with a great white shark.

→彼はホホジロザメから危機一髪で逃れた。

 

That was a close shave!

→危機一髪だった!

 

She had a close shave with death.

→彼女は死から辛うじて逃れた。

 

It was a close call for a driver.

→ドライバーにとって危機一髪だった。

 

What a close call!

→危ねえ!