「be right there」の意味と使い方。「I'll be right there」の意味とは

 

 

「be right there」の意味

 

right there」の「right」は「すぐに」や「まさに」という副詞として使われています。

 

there」は「そこに」。

 

そこから、「be right there」の意味は「すぐそこにある」になります。

 

例えば、

A「Where is my phone charger?」

B「It's right there」

A「スマホの充電器どこ行った?」

B「すぐそこにあるよ」

 

 

I was right there.

→そこにいました(その場にいました)。

 

このように、「人がちょうどそこにいる」や「モノがすぐそこにある」と言いたい時に使える便利な表現です。

 

「I'll be right there」の意味

 

I'll be there」の意味は「そこに行きます」で、主に口語で使われます。

 

「私はそこにいるだろう」→「そこに行きます」というニュアンスです。

 

それに「right」を入れて強調した「I'll be right there」の形で「すぐにそこに行きます」という意味になります。

 

「be almost there」の意味と使い方

 

似たようなフレーズに「I'm almost there」があります。

 

意味は「もうすぐだよ」や「もうすぐ着きます」です。

 

「ほとんどそこにいます」→「もうほとんどそこに着いている」→「もうすぐ」となります。

  

英語で「すぐに戻ります」

 

「be right ~」の応用として、「back」と組み合わせることも可能です。

 

I'll be right back」で「すぐ戻ります」という意味になります。

 

映画「ターミネーター」シリーズの有名なセリフ「I'll be back」に right の付いた形です。

 

 

また、日本語で「ちょっと出かけてくる」や「ちょっと席を立ちます」と言う時、「すぐに戻ります」のニュアンスが含まれます。

 

「I'll be right back」も、それと同じ使い方ができます

 

その正確なニュアンスは「"ここに" 戻ってくる」です。

 

「出かけてまたここに戻ってくる」や「またこの席に戻ってくる」というイメージです。