英語の音読を録音する勉強法がスピーキングとリスニングに効果的!

 

教科書や問題集を音読して録音し、それを聞き返すことで勉強する録音勉強法というものがあります。

 

これには学習内容を意識させることと、何が分かっていないのか(曖昧な部分)を浮き彫りにし理解させるというメリットがあります。

 

 

また、学びたい部分だけをまとめることができるので、効率化も図れます。

 

そして、録音したものを移動時間や空き時間に聞くことで復習にもなります。

 

 

そんな録音勉強法を英語に応用させることで、スピーキングとリスニングの強化につなげることができます。

 

この記事では、その効果と具体的な方法を紹介します。

 

 

英語の音読を録音する効果

 

英語の場合、読み上げた英文を録音し、自分の発音を聞いてみます

 

録音した自分の声が気持ち悪いと感じるように、「思ってたんと違う発音」をしている可能性があります。

 

客観的に音を聞くことにより、その違いに気づくことができ、発音を修正することができるのが最大のメリットです。

 

 

これはスピーキングだけではなく、リスニングにも効果的です。

 

何故なら、「正しく発音できない音はリスニングが難しくなるから」です。

 

録音勉強法のやり方

 

まずはネイティブが発音する1英文を聞き、それを真似するように音読します。

 

録音した自分の音声を聞き返し、同じように発音できていれば次の文章に行きます。

 

 

もし「あれ?なんか違うな」と思ったら、その部分だけ繰り返し練習します。

 

上手く真似できるようになったと思ったら、再び録音して聞いてみます。

 

実際に上手く言えていたら、次に進みます。

 

 

この時、イントネーション(抑揚)リズムも確認します。

 

文章の抑揚や単語のアクセント、英文のリズムは英語にとって発音と同じくらい大きな要素なので、こちらも妥協せずに確認していきます。

 

 

練習の流れ

 

ネイティブの発音を聞く

真似して音読したものを録音する

録音を聞いてみる

発音やイントネーションなどが真似できているか確認

上手く発音できていたら次へ

or

イマイチなら繰り返し練習

 

 

このような練習を繰り返していきます。

 

 

この方法は単語1つでも効果があります

 

上手く発音できない単語や、実際に聞いてみたら想像と違った発音の単語を繰り返し練習します。

 

 

何度も口から出す練習を繰り返していると、少しずつ発音が矯正されていき、同じフレーズや単語が出てきた時に正しく発音できるようになってきます

 

そうなれば、リスニングも楽になります。

 

録音勉強法の教材

 

もし、どの教材を使えばいいか分からない場合、最初は例文・英文・会話形式の英単語帳がおすすめです。

 

1文ずつ音読していくと、単語の使い方やフレーズも一緒に覚えることができます。

 

 

中級者以上の方は、海外ドラマや洋画のセリフを真似してみるのがおすすめです。

 

 

勉強法としてはシャドーイング、カラオケやモノマネに近いものがあります。

 

また、これは海外の方が日本語のアニメのセリフを真似る勉強法にも似ています。

 

Google翻訳で発音を確認してみる

 

Google翻訳のように音声翻訳ができるアプリやソフトを使うのも面白いです。

 

音声翻訳が自分の発音をきちんと聞き取ってもらえるかどうかを試します。

 

実際に聞き取ってもらえると、結構嬉しいです。

 

 

ただ、日本語を音声入力してみたり、YouTube の日本人の動画に日本語の自動翻訳字幕を出すと、日本語がグチャグチャになることがあります。

 

そのため、あくまで参考程度の発音確認になります。

 

音読の録音方法

 

この勉強法で使う音声は長期保存するわけではありません。

 

そのため、スマホやPCなどの備え付けボイスレコーダーで十分間に合います

 

ハッキリ言うと、手持ちで録音機能のあるものなら何でも可能です。

 

まとめ

 

・音読したものを録音し、実際の音との違いを矯正する

・スピーキングとリスニングに効果的

・英文だけではなく、単語1つからでも効果的

・スマホやPCの録音機能で十分できる勉強法

・ネイティブ音声なら何でも可能

 

[関連記事]

【レベル別】おすすめ英単語帳7選|例文・英文・会話形式で学ぶ

正しい英語のシャドーイングやり方。できない時はどうすればいい?