Dr.ヒルルクの「まったくいい人生だった」は英語でどう翻訳されている?

 

 

英語で「まったくいい人生だった」

 

ワンピース16巻。

 

Dr.ヒルルクの名言に、

 

まったく!!!! いい人生だった!!!!

 

というものがあります。

 

 

英語版コミックスではこう訳されています。

 

Ha!!!  What a life It was!!!!

 

 

直訳だと「なんて人生だったんだ!」のようなニュアンスです。

 

細かいですが、日本語版では「全く」の後の"!"が4つなのに対し、英語版の「Ha」の後は3つになっています。

 

What a life It was の文法

 

ここで使われている What は感嘆文で、「なんて~なんだ」として使われています。

 

 

文法的には、

 

ルイ・アームストロングの曲「What a wonderful world

 

芸人の小峠さんの「なんて日だ!」の英語訳「What a day!

 

と同じです。

 

 

「What a day!」は「What a day it is!」や「What a day today is! 」と言うこともできます。

 

 

「What a life It was.」も同様に、「What a life(なんて人生)+ It was(だったんだそれは)」の構成。

 

そして、後半を省略した「What a life!」だけでも同じような意味で使うことができます。

 

 

ただ、Dr.ヒルルクの場合、この台詞の前に回想シーンや他のセリフが入るので、What a life It was! と言った方が分かりやすくなっています。

 

 

感嘆文 what と How の違いと作り方が1発で分かるポイントを例文で学ぶ

英語で「海賊王に俺はなる!」はどう翻訳されている?