スラング「beef up」の意味と語源。何故この意味になる?

 

 

beef up の意味

 

beef up」は「~を強化する」や「~を増強する」という意味があり、他動詞的に使われます。

 

 

この「beef」は日本語にもなっているビーフで、「牛肉」という意味の名詞です。

 

しかしそれ以外に、口語では「筋肉」や「筋力」というスラング的な意味も持ちます。

 

beef up の語源

 

何故 「beef up」が「強化」や「増強」という意味になるのかは、その筋肉や筋力というスラングから来ている(という説がある)ようです。

 

 

日本語でも「肉を食べて体力(スタミナ)をつける」などのキャッチフレーズがあるため、「beef up = 強化」のイメージは湧きやすいと思います。

 

 

 

ちなみに、「beef」だけでは「強化」の意味にはなりません

 

あくまで「beef up」の形でのみになります。

 

 

元々はスラングから来ているようですが、ニュースなどフォーマルな場面でも登場する言葉です。

 

beef up の類語

 

類語には「strengthen」があります。

 

意味と使い方はほぼ「beef up」と同じです。

 

 

自動詞として使う場合は「強まる」や「強固になる」という意味で使われます。

 

beef up の例文

 

I want to beef up my collection.

 

→コレクションを増やしたい。

 

 

I want to beef up my English conversation skill.

 

→英会話力を高めたい。

 

 

That company has plans to beef up its production.

 

→あの会社には生産を強化する計画がある。

 

 

They will have to beef up security.

 

→彼らはセキュリティを強化しなければならないだろう。

 

 

We need to beef up our team.

 

→チームを強化する必要がある。

 

 

France's President Macron beefs up border security.

 

→フランスのマクロン大統領は国境警備を強化する。