【カタカナ英語矯正】英語を発音記号から学ぶ必要性と発音の勉強法

 

発音は英語学習の三大要素の1つです(他は文法と単語)。

 

そのため、発音記号から発音を学ぶことは大きなメリットを生みます。

 

発音記号を学ぶメリット

 

正しい音で発音できる

 

英語が通じやすくなる

 

リスニングの力が上がる

 

日本語英語(カタカナ英語)の矯正

 

そして、発音記号は数が限られているため、一通り学習するのに時間が掛かりません

 

一応、教科書、辞書や単語帳の付録などに発音に関する項目が載っています。

 

が、発音は文字通り「発する音」なので、ネイティブの発音を聞いて細かい違いを把握しなければ、どうしても限界が来ます。

 

 

おすすめの練習方法は「スローで聞き、真似してみる」です。

 

この方法は英文単位でも効果的ですが、母音・子音レベルでも効果的です。

 

その方法を活かした書籍も出ています。

 

 

完全版 超低速メソッド 英語発音トレーニング

超低速メソッドレビュー

超低速メソッド表紙

 

本書の5大特徴

 

1. 付属DVD&CDは、超低速だから細部までハッキリ!

(※ノーマルと超低速、LESSONごとに適切なスピードの音声と映像を収録しています)

 

2. 49個の発音記号を1つずつ丁寧にマスター!

 

3. 日本人の苦手な「子音と母音の切り離し」がモノにできる!

 

4. BとV, Rと L, SとTH…区別しづらい音が聞き分けられる!

 

5. ネイティブの癖や省略が詰まった「発音の変化」を徹底解説!

 (内容紹介より)

 

本書はアルファベットや発音記号を基礎から1つ1つ学べる発音学習の本です。

 

発音記号ごとに口の形と舌の位置のイラストが載っており、視覚的に理解できます。

 

また、その発音記号の使われている単語の例や、その単語が使われている短い文章が載っています。

 

 

そして、本書の最大の特徴が、ネイティブ音声の超スロー再生です。

 

それにより、微妙な発音の違い、日本人が苦手な「R」の発音や、「R」と「L」の違いなどがよく分かります。

 

更に、単語と単語の繋がりや音の脱落がハッキリ聞こえるため、どのように音声変化しているのかも音として理解できます。

 

そのため、今まで発音練習をしたことがない方でも、ゼロから体系的に学べます。

 

 

旧版はCD1枚のみ付属でしたが、この完全版ではDVD1枚+CD2枚というボリュームになりました。

 

発音矯正にも最適

 

この方法は1から発音を学びたい方以外に、発音を矯正したい方にも効果があります。

 

何より、カタカナは英語学習最大の敵です。

 

日本人はどうしてもカタカナ英語や、発音の曖昧さが付きまとってしまうからです。

 

それを矯正するには、発音記号とその読み方という基礎からやり直すのが一番です。

 

 

また、英語を学んでいると、発音を学ぶことがいかに重要かということを痛感します。

 

そのため、発音記号は英語学習のやり始めに覚えるべきです。

 

発音やアクセントの記号さえ理解していれば、記号を見るだけで頭に大体の音が浮かんできます。

 

発音の基礎を学び、トレーニングを続けていると、発音のコツもだんだんと掴めてきます。

 

そうなれば、あとは継続あるのみです。

 

 

他にも、同じ著者のリスニング入門もあります。