必要性から英会話のアウトプット練習をする方法【独学英会話】

 

これまで独学での英会話の練習方法として、以下の方法をご紹介しました。

 

www.1karaeigo.com

www.1karaeigo.com

www.1karaeigo.com

www.1karaeigo.com

 

これらは既にある文章をインプットして、自由にアウトプットできるようにする練習でした。

 

今回は、「必要性→アウトプット」に焦点を当てようと思います。

 

 

必要性からの英会話アウトプット練習

 

先述の「インプット→アウトプット」は、英会話の初期の練習として効果的です。

 

言えるフレーズを増やしたり、口からパッと出せるようにする練習です。

 

一方、「必要性→アウトプット」とは、英語に訳せなかったことを学ぶ練習方法になります。

 

独学でのスピーキング練習法として、「英語での独り言」というのは何度か触れてきました。

 

その際に、 

 

これって英語でどう言うのだろう

意外と日本語の会話に出てくるけど、英語で何と言うのか分からない

この単語ってどういう使い方をするんだっけ

日用品など身近なものの名詞が分からない

 

など、英語で言いたいけど言えないものが必ず出てきます。

 

その「どう言うか分からないフレーズ」や「曖昧だった単語やイディオムの使い方」を調べます。

 

その調べたものをノートなどに書き溜めていきます。

 

それと同時に、「こういう言い方もあるのか」という類似のフレーズがあれば、それも備考として載せておきます。

 

それらはインプット→アウトプットとは違い、日常で使う必要性のあったものと言えます。

 

そのようにしてできたノートは、自分オリジナルの英会話ノートになります。

 

そして、それを何度も音読しながら読み返し、自然に使えるようになるまで繰り返します。

 

「自分が言いたかったけど言えなかったこと」の方が頭に残りやすいです。

 

 

また、「インプット→アウトプット」による練習と使い分けることにより、会話における語彙を増やしていけます。

 

そのように、自分が言いたいことを言えるように、少しずつ語彙を増やしていくのが英会話上達の道の1つであります。

 

そして、何より重要なのは意識的な英語の独り言によるアウトプット練習です。

 

インプットするだけして、必要な時にアウトプットできないのでは意味がありません。

 

まとめ

 

・「インプット→アウトプット」は語彙を増やしつつ口から出す練習

・「必要性→アウトプット」とは、英語に訳せなかったことを学ぶ練習

・独り言を言うときに言えなかったことを書き留めていく

・英語での独り言というアウトプットが大事