独学でスピーキングを上達させるための勉強法と練習の目的

 

今回焦点を当てるのは、英会話の前段階のスピーキング練習です。

 

昔と比べ、英会話教室やアプリなど、実際にネイティブの方と話せる機会が増えています。

 

 

しかし、これまで英語を話すトレーニングをしてない人が、いざ話そうとした時、言葉がなかなか出てきません。

 

定型文は話せても、会話となると難しいのが実際の所です。

 

 

会話に必要なこと

 

自分が言いたいことをきちんと言える

 

相手にきちんと伝えられる

 

 

会話において、このような「発信する能力」は非常に重要です。

 

いくら相手の話を理解できたとしても、こちらから発信できず、相手に伝わらなければ、コミュニケーションが取れているとは言えません。

 

 

そのため、英会話の前段階として、ある程度のスピーキング能力を身に付けていた方が、英会話のレベルアップも効率的になります。

 

 

独学でのスピーキング練習は独り言が効果的

 

独学でスピーキングを鍛える方法は1つです。

 

結論から言うと、英語での意識的な独り言です。

 

 

しかし、急に英語で話せと言われても無理です。

 

そこでおすすめなのは、英文法書、参考書、単語帳などに載っている、日常でも使えそうな例文を抜き出して練習する方法です。

 

独り言の練習方法

 

例えば、「I usually eat toast for breakfast.」という文があります(アトラス総合英語p41より)。

 

普段トーストを食べるなら、この文を何度も口に出して言います。

 

食べない人なら、自分の食べるものと単語を入れ替えます。

 

 

他にも、「breakfast」を「lunch」や「dinner」に変える。

 

「食べた」という過去形にして、いつ食べたのかを最後に付け加える。

 

否定文にしたり疑問文にしたり。

 

 

このように、少しずつパーツを変えていきながら、文を派生させていきます。

 

この時、ただ音読するのではなく、実際の会話で言っている体で独り言をします。

 

 

派生パターンもスラスラ言えるようになったら、また別の文を抜き出します。

 

この時、抜き出した文章をノートなどにメモをしておいて、いつでも復習できるようにしておきます。

 

そうでないと、いくら練習したとしても、忘れる文章が出てきます。

 

忘れることは問題ではありません。

 

忘れるたびに復習することが大切です。

 

 

これを毎日やっていると、少しずつ文章のバリエーションが増えていきます。

 

そうなると、色々な文章を組み合わせて、少しずつ自分の言いたいことが言えるようになっていきます。

 

言える文章が増えたら、これからやること、今日やったこと、思っていること、または身近にあるものを説明するなど、どんどん意識的に口から英語を出し続けます。

 

この段階になったら、後は継続あるのみです。

 

フレーズから学ぶ方法

 

英語教材の中にフレーズ集瞬間英作文があります。

 

それらを使って練習する方法も効果的です。

 

おすすめは「英会話なるほどフレーズ100」と「Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!」です。

 

この2冊は会話での語彙を増やしつつ練習もできる良書になっています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

「英会話なるほどフレーズ100」の使い方|英会話初心者に最適な本

【初心者向け】瞬間英作文のおすすめ教材「Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!」【レビュー】

 

スピーキング練習の3つのポイント

 

3つのポイント

 

・実際に言っている体で話す

 

・現実と照らし合わせる

 

・使用する文のレベルを上げ過ぎない

 

 

1つは先述したように、本当に自分の事であるかのように口に出す(文章を暗唱する)ことです。

 

その言葉を実際に言っている状況を想像しながら暗唱します。

 

ドラマのセリフを練習するようなイメージです。

 

 

2つ目は、現実と照らし合わせることです。

 

いくら例文を暗唱や暗記したところで、実生活で使わないような文章ばかりでは意味がありません。

 

そのため、実際に日本語で自分が使っているような文章を元にするか、使いそうな文章に改変します。

 

 

3つ目はレベルを上げすぎないことです。

 

これまでスピーキングの練習をしてこなかった人は、基礎から始めるのが一番です。

 

リーディングやリスニングがある程度できるから、スピーキングも同じくらいできるだろう、と思うと、罠に陥ってしまいます。

 

中学校の授業で、主語動詞、be動詞、過去形から始めたように、スピーキングもそのレベルから始めます。

 

自分のレベルよりも上の教材やトレーニングを始めてしまうと、挫折する原因にもなります

 

そのため、後述するおすすめ書籍や、総合英語レベルの例文でスピーキングの独り言を始めるのが適切です。

 

スピーキングの練習をする目的

 

スピーキング練習の目的

 

言葉が口からパッと出てくるようにすること

言葉(文章)のバリエージョンを増やすこと

 

 

この2つを意識しつつ、少しずつレベルを高めていきます。

 

 

「日本人は難しい単語を知っていたり、難しい問題は解けるけど、会話ができない」と指摘されるように、スピーキングはそれらとは異なるスキルです。

 

よって、最初は慣れるまで少し大変です。

 

しかし、独り言に慣れてくると、意識しなくても、英語で考えられるようになってきます。

 

そして何より、英語での独り言を生活習慣の1つにすることが大事です。

 

まとめ

 

・スピーキングを鍛えるのは英語での独り言が効果的

 

・既存の例文を参考にする

 

・フレーズ集や瞬間英作文を参考にする

 

・実際に自分が言っている体で行う

 

・現実で使いそうな例文で練習する

 

・口から英語を出すことと語彙を増やすことが練習の目的

 

 

さらに一歩進んだ独り言練習法はこちらをご覧ください。

英語で独り言練習をする具体的な方法とコツ【日常から英語を引き出す練習】