独学で英語のスピーキングを鍛える方法

 

英語を話す能力はコミュニケーションを取るために必要です。

 

今回焦点を当てるのは、英会話の前段階のスピーキング練習です。

 

昔と比べ、英会話教室やアプリなど、実際にネイティブの方と話せる機会が増えています。

 

しかし、これまで英語を話すトレーニングをしてない人が、いざ話そうとした時、言葉がなかなか出てきません。

 

定型文は話せても、会話となると難しいです。

 

会話において大切なことは「自分が言いたいことを言える」ことと「相手にきちんと伝えられる」ことです。

 

いくら相手の話を理解できたとしても、こちらから発信できず、相手に伝わらなければ、コミュニケーションではありません。

 

そのため、英会話の前段階として、ある程度のスピーキング能力を身に付けていた方が、英会話の勉強も効率的になります。

 

そして、スピーキングを鍛える方法と目標を把握していると、効率も上がります。

 

 

スピーキングを鍛える方法

 

独学でスピーキングを鍛える方法は1つです。

 

結論から言うと、英語での意識的な独り言です。

 

 

まずは英文法書、参考書、単語帳などに載っている、日常でも使えそうな例文を抜き出します。

 

そして、それを暗唱します。

 

例えば、

I usually eat toast for breakfast

という文章があります(アトラス総合英語p41より)。

 

これを実際に、ふだん自分が朝食にトーストを食べている体で口に出します。

 

ドラマや演劇の練習のように、自分にしか見えない誰かに向かって話しかける方法もあります。

 

ある程度流暢に言えるようになったら、次のステップです。

 

 

今度は単語を入れ替えます。

 

例えば、「toast」の部分を、実際に自分が普段食べているものに変えます。

 

「breakfast」を「lunch」や「dinner」に変えることもできます。

 

「食べた」という過去形にして、いつ食べたのかを最後に付け加えることもできます。

 

また、否定文にしたり、誰かに聞く疑問文にしたり。

 

そのように、少しずつパーツを変えていきながら、文章を派生させていきます。

 

派生パターンもスラスラ言えるようになったら、また別の文章を抜き出します。

 

このとき、抜き出した文章をノートなどにメモをしておいて、いつでも復習できるようにしておきます。

 

そうでないと、いくら練習したとしても、忘れる文章が出てきます。

忘れることは問題ではありません。

忘れる度に復習することが大切です。

 

 

これを毎日やっていると、少しずつ文章のバリエーションが増えていきます。

 

そうなると、色々な文章を組み合わせて、少しずつ自分の言いたいことが言えるようになっていきます。

 

言える文章が増えたら、これからやること、今日やったこと、思っていること、または身近にあるものを説明するなど、どんどん意識的に口から英語を出し続けます。

 

この段階になったら、後は継続あるのみです。

 

 

独学スピーキングのポイント

 

ポイントは3つです。

 

1つは先述したように、本当に自分の事であるかのように口に出す(文章を暗唱する)ことです。

 

このとき、文章の構造(文法)を意識しながら口に出すと、応用しやすくなります。

 

よって、最初は文法書から例文を取るのがおすすめです。

 

 

2つ目は、現実と照らし合わせることです。

 

いくら例文を暗唱や暗記したところで、実生活で使わないような文章ばかりでは意味がありません。

 

そのため、実際に自分が使いそうな文章を元にするか、使いそうな文章に改変します。

 

また、文法は使えそうだけど例文や単語が難しいという場合は、できるだけ簡単な単語に置き換えて、文法を活かしていきます。

 

 

3つ目はレベルを上げすぎないことです。

 

これまでスピーキングの練習をしてこなかった人は、基礎から始めるのが一番です。

 

リーディングやリスニングがある程度できるから、スピーキングも同じくらいできるだろう、と思うと、罠に陥ってしまいます。

 

中学校の授業で、主語動詞、be動詞、過去形から始めたように、スピーキングもそのレベルから始めます。

 

自分のレベルよりも上の教材やトレーニングを始めてしまうと、挫折する原因にもなります。

 

そのため、後述するおすすめ書籍や、総合英語レベルの例文でスピーキングの独り言を始めるのが適切です。

その際、音声再生可(CDやダウンロードなど)で発音を確認できるものがおすすめです。

 

おすすめ英文法書

www.1karaeigo.com

 

独学スピーキングの目標

 

最終的な目標は2つあります。

 

言葉が口からパッと出てくるようにする
言葉(文章)のバリエージョンを増やす

 

言いたいことが口からパッと出てくるようになること。

そして、色々なことが言えるようになること、というのが最終的な目標です。

 

「日本人は難しい単語を知っていたり、難しい問題は解けるけど、会話ができない」と指摘されるように、リーディング(やライティング)とスピーキングは別物です。

 

それを実感している人も多いと思います。

 

最初は少し大変です。

が、独り言に慣れてくると、意識しなくても、英語で考えられるようになってきます。

 

英語での独り言を生活習慣の1つにすることが大事です。

 

 

基礎から始めるためのおすすめ書籍

 

今までスピーキングの練習をしたことがない人や、基礎から始めたい方のための本があります。

 

それは「英会話なるほどフレーズ100」です。

 

英会話なるほどフレーズ100

英会話なるほどフレーズ100

ここ最近、Aamazonのおススメにも載っていたので、見かけたことがある人もいるかもしれません。

 

この本は、ネイティブの子供が覚える基礎中の基礎フレーズが100個載っています。

 

更にそれの派生系と、簡単な問題も付いています。

 

例文の内容はとてもシンプルで、日本語訳は簡単にできるものばかりです。

 

しかし、その逆の「この日本語を英語で何と言うか」。

そして、「会話の中で咄嗟にパッと口に出せるか」。

 

それが本書のテーマの1つになっています。

 

付属のCDは英文読み上げに加え、著者とその母のちょっとした会話も入っていて、あたたかみがあります。


内容の例を上げると、

・「もったいない」

・「そんなに~でない」の「そんなに」

・「どこが違うの?」

・「~はどうしたの?」

・「~はしょうがない」

・「電話に出た方がいい?」

・「する気にならない」

など、日常的に使うような、基礎的な表現ばかり載っています。

 

裏表紙に載っている表現はこんな感じです。

 

英会話なるほどフレーズ100

英会話なるほどフレーズ100

本書は、これらのような簡単な会話表現を基礎から学びたい人におすすめの本です。

 

そして、スピーキングの練習を始めようと思っている人は、これまで書いたような独り言に加え、このレベルから口語的なバリエーションを増やしていくのが効率的です。

 

英語学習に飛び級も近道もありません。

地道に基礎から学んでいくのが一番の近道です。

 

この英会話なるほどフレーズ100をやり終え、
更にステップアップしたいなら、英会話きちんとフレーズ100もあります。