文頭に置かれる「That(+SV)」の意味と使い方【that節が主語になる形】

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

文頭の that の意味と使い方

 

That SV(主語動詞) 動詞」の形で that が文頭に置かれ、that節が主語になる文があります。

 

 

訳し方は「SVということは、~である」です。

 

例文

That she was lying was obvious to me.

 

→彼女が嘘をついていたのは私には明らかだった。

 

「That she was lying(彼女が嘘をついていたということは)」までが主語です。

 

 

 

この文は以下のように言い換えることができます。

 

言い換え

It was obvious to me that she was lying.

 

→彼女が嘘をついていたのは私には明らかだった。

 

 

2つの例文の違いは、that節を主語にした方がフォーマルかつ文学作品にも使われるようなかたい言い方になります。

 

会話や一般的な文章ではあまり使われません。

 

 

 

会話などでは2つ目の例文のように、形式主語の it を使い、that節を後ろに付けるパターンが一般的です。

 

文頭の that節の例文と言い換え

 

That I forgot to call you yesterday is my fault.

 

It's my fault that I forgot to call you yesterday.

 

→昨日あなたに電話し忘れたことは私のミスです。

 

 

 

That you study English is a good idea.

 

It is a good idea that you study English.

 

→英語を勉強するというのは良い考えです。

 

 

「The fact that」の形になることが多い

 

「That SV」の代わりに「The fact that SV」が使われることがあります。

 

 

「That SV」よりも「The fact that」の方が広く使われます

 

例文

The fact that she passed the exam amazed everyone.

 

→彼女が試験に合格したことは皆を驚かせた。

 

「The fact」は「事実」という意味ですが、「The fact that(~という事実は)」とはあまり訳されません。

 

 

ただ、「彼女が試験に合格したという事実は皆を驚かせた」と考えても間違いではありません。

 

 

 

以下の例文も同じ考え方です。

 

例文

The fact that she is Japanese doesn't matter.

 

It doesn't matter that she is Japanese.

 

→彼女が日本人であることは問題ではありません(関係ありません)。

 

疑問文の場合は that節を文頭に置かない

 

疑問文の場合は「Is it ~that節」の形になり、that節が主語に置かれることはありません。

 

例文

Is it obvious that I love comics?

 

→漫画が大好きなのは明らかですか?(バレバレですか?)

 

 

Is it true that she is leaving office?

 

→彼女が退職するというのは本当ですか?

 

 

Is it possible that aliens have already visited Earth?

 

→宇宙人が既に地球を訪れているという可能性はありますか?

 

まとめ

 

・「That SV」は that節を主語に置いた形

 

・形式主語「It ~ +that節」の方が口語的

 

 

・「The fact that」もほぼ同じ意味で、こちらの方がより広く使われる

 

 

・疑問文は「Is it ~that節」の形になる