MENU

月は the moon なのに満月だと a moon になる理由【冠詞】

 

 

月に「the」が付く理由

 

月は英語で「the moon」です。

 

なぜ「the」なのかと言うと、「この世に1つしかないものや、1つと特定できるものだから」と説明されます。

 

 

同じ理由で「the」が付くものの例

 

the world

 

the earth

 

the sun

 

the sea

 

the sky

 

the universe

 

the government

 

 

月が「a」になる理由

 

一方、満月になると、「a full moon」となります。

 

満月も1つしかないのに、the ではなく a になります。

 

 

その理由は、「月が見せる多くの姿の1つだから」ということになります。

 

月には満月の他に、三日月や新月など様々あります。

 

その中の1つだから「a」になります。

 

 

例えば、

 

a half moon(半月)

a crescent moon(三日月)

a new moon(新月)

a bright moon(明るい月)

 

などがあります。

 

 

「今日(今夜)は満月です」を英語で言うと、「It's a full moon today(tonight)」になります。

 

ただ「月へ行く」と言いたいなら「go to the moon」です。

 

月へ行く

 

これは少し余談になります。

 

有名な文に、

 

We choose to go to the moon.

 

というのがあります。

 

これはアポロ計画の際、ジョン・F・ケネディ大統領がスピーチで語った有名な一説です。

 

そして最近、似たような事をスピーチで言った人がいました。

 

元ZOZO社長である前澤友作氏です。

 

 

前澤氏は

 

I choose to go to the moon.

 

と、ケネディを意識したであろう文言をスピーチに盛り込みました。

 

「the」から「a」になるもの

 

月に限らず、「1つしかないthe」の付く名詞にも、同じことが当てはまります。

 

「a」が付く例

 

a blue sky(青い空)

 

a dark sky(暗い空)

 

a gray sky(一面に雲が広がって雨が降りそうな空)

 

a calm sea(穏やかな海)

 

a rough sea(荒れた海)

 

 

このように、「a」となります。

 

冠詞は非常にややこしいです。

 

しかし、このように少し別の角度から見ると、分かりやすくなると思います。