「vs.(versus)」の2つの意味と使い方。vs. と v. の違い

 

 

「vs.(versus)」の表記

 

vs.」とは「versus」の略です。

 

「vs.」はアメリカ英語「v.」はイギリス英語という表記の違いがあります。

 

そして、英語の場合、略語にはピリオドを付けるため、正式にはピリオドが必要です。

 

が、英語記事の見出しなどでは「V」「vs」「VS」のように、様々な表記を見かけます。

 

そんな versus の意味は2つあります。

 

versus の意味1|「○○ 対 ○○」

 

1つ目は「」です。

 

スポーツなどで「日本 対 アメリカ」のように、日本語でも「日本 vs アメリカ」として使われています。

 

この versus は 「against」の意味を持ちます。

 

よって、「日本 vs アメリカ」は日本が主体側になります。

 

これは裁判の原告と被告にも表れています。

 

訴訟において「A vs. B」と書かれていた場合、Aが原告側になります。

 

versus の意味2|「~に対比して」

 

2つ目は「~に対比して」や「~に対して」です。

 

Core1900にはこのような文章が載っています。

Poor diet was also associated with a greater percentage of mortality among younger people vs. older people.

(速読速聴・英単語 Core1900 ver.5 p276より)

 

日本語訳

貧弱な食生活が関連している死亡の割合は、高齢者層と比べて若年層のほうが高かった

 

これは若年層と高齢者層の比較に使われています。

 

そしてこれも「若年層は高齢者層と比べて」と、若年層側が主体になっています。

 

医療の「VS」

 

これは余談になりますが、医療の現場でも「VS」が使われています。

 

これは「vital signs(バイタルサイン)」の略で、人間の生命活動の指標を表します。

 

主に脈拍、呼吸、血圧、体温を指しています。