【YouTubeで英語学習】YouTubeに英語字幕と日本語字幕を同時に付ける方法【拡張機能 Language Reactor の使い方】

 

YouTubeで英語の勉強をするために英語字幕を付けたい

 

字幕機能を使いやすくしたい

 

辞書的な機能が欲しい

 

英語字幕を日本語化(日本語翻訳)させたい

 

英語と日本語の字幕を同時に表示させたい

 

 

 

このような方に最適なのが「Language Reactor」というChrome の拡張機能です。

 

※PC版の拡張機能のため、スマホやタブレットでは使えません

 

 

この記事では、Language Reactor の基本的な使い方と注意点をまとめています。

 

 

 

YouTubeに英語字幕と日本語字幕を付ける方法

 

Language Reactorの公式サイト」から Chrome の拡張機能をインストールします。

 

 

サイトの「CHROME」からインストールできます。

 

Language Reactorの公式サイトから 拡張機能をインストール

Language Reactor公式サイトより

 

 

インストールした後に YouTube の動画を開くと、英語字幕と日本語字幕を付けることができます。

 

Language Reactor の使い方

 

以下はインストール後の画面です。

 

Language Reactor の使い方画面

YouTubeの画面

 

「矢印1」と「矢印2」の機能をオンにすると、英語字幕の下に翻訳された日本語字幕が表示されます。

 

・一時的に機能を切りたい場合は「矢印2」の「LRマーク」をオフ

 

・字幕を消したい場合は「矢印1」の字幕機能をオフ

 

字幕で辞書機能が使える

 

YouTube 本来の字幕機能との違いは簡易辞書機能です。

 

 

字幕の単語にカーソルを合わせると意味が表示されます。

 

Language Reactor の使い方画面2

辞書機能

 

カーソルを「climb」に合わせると、このように簡単な意味が表示されます。

 

カーソルを合わせている間は、次の字幕に進みません

 

 

 

更に、単語をクリックすると、発音を聞くことができます

 

Language Reactorの使い方

発音と使用例

 

他にも使用例が表示されます。

 

字幕一覧機能

 

画面の右に以下のような機能を表示させることも可能です。

 

Language Reactor の使い方画面3

字幕

直近の字幕が一覧形式で表示されます。

 

ここでもカーソルを合わせることで、文の意味と単語の意味が表示されます。

 

 

右上の「×」を押すことで一覧を消すことが可能です。

 

英語字幕だけにしたい場合

 

Language Reactor の機能を残しつつ英語字幕だけにしたい場合は、以下の「設定」から変更可能です。

 

 

Language Reactorの設定ボタン

Language Reactor の設定

 

LRの右の歯車が設定です。

 

 

そこをクリックするとメニューが表示されます。

 

Language Reactorの設定画面

設定画面

 

「機械翻訳を表示する」をオフにすると、英語字幕だけ表示されるようになります。

 

ショートカットが便利

 

Language Reactorのショートカットキー

ショートカットキーの使い方

 

ショートカットはこのように割り振られています。

 

 

特に使うのは、一つ前のセリフに戻る「A」と、現在の音声をリピートできる「S」です。

 

聞き取れなかったり、何度も聞きたい時のリスニング練習にお世話になります。

 

 

 

機能紹介として、Vtuberの「IRyS」の動画を参照させて頂きました。

 

hololive-ENで英語の勉強【Vtuberでの勉強法とポイント】

 

 

Language Reactor のデメリットと注意点

 

デメリットは「第二言語の翻訳字幕が上手く働かないことがある」に尽きます。

 

2つのパターン

 

上手く翻訳ができていない

 

そもそも字幕が表示されない

 

 

 

また、Language Reactor は YouTube が生成した字幕を反映&翻訳しています。

 

Youtube 本体によって字幕が生成されなければ、Language Reactor でも字幕機能が制限されてしまいます。

 

 

 

もう1つは機能が重くなりがちな点です。

 

普通に使えることが多いのですが、何故か重くなることがあります。

 

 

そうなったら、上記の「字幕一覧機能」を表示させておくと軽くなります

 

YouTube の字幕機能の注意点

 

YouTube 本来の字幕機能の注意点は以下の4つです。

 

注意点

 

字幕が使えない動画がある

 

字幕機能が働かないことがある

 

複数人が同時に話していると字幕がグチャグチャになる

 

字幕機能が使えるようになるまで数日掛かる場合がある

 

 

YouTube の英語字幕の機能と精度

 

YouTube の字幕機能は自動生成されるものです。

 

正確に言うと「音声認識技術によって自動的に文字起こしをしてくれる機能」です。

 

※投稿者が管理画面から手動で字幕を付けている場合を除きます

 

 

Language Reactor は、その自動生成された字幕と、それを翻訳した第二言語の字幕を2つ同時表示が可能にするものです

 

 

自動生成される字幕(文字起こしされた字幕)の精度は、一昔前と比べてかなり高くなってきています。

 

が、100%完璧なわけではありません。

 

しかし、リスニングの補助としては申し分なく、これを活かさない手はありません

 

翻訳の精度は高くない

 

注意点は翻訳された第二言語の方です。

 

グーグル翻訳と同様に、字幕翻訳の精度は高いとは言えませんです。

 

ザ・機械翻訳になっています。

 

 

 

それに、文脈から判断しているわけではなく、1つの文章の翻訳を積み重ねているイメージです。

 

そのため、人間なら文脈で推測できる単語やフレーズの意味でも、別な意味として翻訳されてしまうことがあります。

 

中には謎翻訳になっていることもあります。

 

 

 

そのため、

 

日本語字幕はリスニング補助のための英語字幕の更に補助

 

という位置づけです。

 

 

中級者以上の方は、むしろ英語字幕+辞書機能だけで十分です。

 

Language Reactor はスマホやタブレットでは使えない

 

先述のように、残念ながら Language Reactor はPCのみで、スマホとタブレットでは使えません

 

しかも、Chrome の拡張機能のみなので、現状では他のブラウザで使えないのもデメリットです。

 

 

ただ、無料かつ機能が盛り沢山なので、仕方ない部分ではあります。

 

今後に期待です。

 

Language Reactor は Netflix でも使える

 

Language Reactor をインストールすれば、Netflix でも同じ機能が使えます

 

 

文字起こしされた字幕と翻訳された字幕ではなく、手動で付けられた字幕が表示されるのがポイントです。

 

そのため、YouTube よりも、むしろ Netflix で使う方が優秀な拡張機能になっています。

 

 

 

Netflix は最強の英語学習ツールの1つなので、こちらも合わせてご覧ください。

 

映画・海外ドラマでの英語学習はNetflixが最強な理由

 

まとめ

 

・Chrome拡張機能「Language Reactor」で日英同時字幕が可能

 

・辞書機能など、様々な機能が使える

 

・字幕精度は100%完璧ではないので、あくまで補助的な役割

・しかし補助としては申し分ない性能

 

・日本語訳はまだまだ技術不足

・第二言語の翻訳は補助の補助

 

・PCのみで、スマホとタブレットでは使えない

 

・Netflix でも使用可能