1から英会話力・語彙力UPを目指す

英語をコツコツ鍛錬する英語勉強ブログ

R.I.P. の意味と使い方、語源やニュアンスは?

 

R.I.P.」は訃報のニュースが流れた時によく見かけます。

 

その R.I.P.(アール・アイ・ピー)の意味とは。

 

そして使い方とニュアンス、語源はどのようなものなのでしょか。

 

 

R.I.P.の意味と語源

 

R.I.P.は「安らかに眠れ」という意味です。

 

そして、「rest in peace」の頭文字を取った略だと言われます。

 

しかし、それは半分正しく、半分間違いです。

 

元々はラテン語の「requiescat in pace」という言葉です。

 

発音を無理やりカタカナにすると、

「レクイエスカティンパァケ(レクイエスカト+イン+パァケ)」

になります。

 

「requiescat」の意味は休息。

「in pace」は英語で言う「in peace」。

 

そこから、「requiescat in pace」は「安らかに眠れ」という意味になります。

 

「requiescat(レクイエスカト)」は「requiem(レクイエム)」と語源が同じです。

それをイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

そんな「requiescat in pace」を英訳すると、「rest in peace」になります。

頭文字が同じです。

 

そのため、「R.I.P. は rest in peace の略」と言うのは半分正しく、半分間違いということになります。

 

あくまでも元々は「R.I.P. は requiescat in pace の略」です。

 

 

R.I.P.のニュアンスと使い方

 

R.I.P.は日本語の「ご冥福をお祈りいたします」というニュアンスになります。

 

「R.I.P. 誰々」や「誰々 R.I.P.」のように、亡くなった方に追悼の意を表します。

新聞の見出しにも載る、正式な言葉です。

 

また、例えば日本で誰かが亡くなったとき。

そのニュースのツイートや亡くなった本人のTwitterには「ご冥福をお祈りいたします」という言葉が並びます。

それと同じように、R.I.P.が並びます。

  

そして、R.I.P.は墓石にも刻まれます。

これはドラマの埋葬シーンでも見ることができるかもしれません。

日本語で言えば、「○○ここに安らかに眠る」になります。

 

他にはBUMP OF CHICKENの曲名だったり、ゲームに出てきたりと、見かける頻度は高めです。