「abound」の意味と使い方。少し不思議な英単語

 

「abound」は少し変わった使い方をする単語です。

 

そんな「abound」の意味と使い方とは。

 

例文を交えて見ていきます。

 

 

「abound」の意味

 

「abound(アバウンド)」「豊富である」「沢山ある(沢山いる)」という意味の自動詞です。

 

文脈によっては、「富む」「満ちている」「溢れている」と言うこともできます。

 

主に生き物、物事、形而上的なもの、問題などの数が多いときに使われます。

 

「abound」の使い方

 

「abound」には2つの使い方があります。

 

1つは「A abound in(on) B」の形です。

 

これは「BにはAが沢山ある(いる)」という意味になります。

 

 

もう1つは「A abounds in(with) B」の形です。

 

これは「AにはBが沢山ある(いる)」という意味になります。

 

一瞬、混乱してしまいますが、これが「abound」の不思議な使い方です。

 

例文を見てみます。

 

Birds abound in the forest.

→その森には鳥が沢山いる。

 

The forest abounds with(in)  birds.

→その森には鳥が沢山いる。

 

文の構造が違うだけで、意味的には同じです。

 

・鳥がその森に沢山いる

・その森に鳥が沢山いる

 

この2つの文章は、日本語ではどちらも意味が取れます。

そう考えると、「abound」は日本語的な単語かもしれません。

 

 

また、シンプルに、

 

「(主語) abound」

→「(主語)は沢山ある / 豊富である」

 

という使い方もできます。 

 

その他の「abound」の使い方

 

「abound」には他にも変わった使い方があります。

 

1つは、

「Rumors abound about(that) ~」

という形です。

 

これは「~についての噂がある」「~という噂が飛び交っている」という意味になります。

 

更に「Rumors」を「Theories」にした、

「Theories abound about(that) ~」

という形もあります。

 

これは「~という説がある」「~という学説 / 理論がある」という意味です。

 

例文

 

Fish abound in the river.

→その川には魚が沢山いる。

 

This river abounds with(in) fish.

→この川には魚が沢山いる。

(→この川は魚が豊富です)

 

Risks abound.

→リスクは沢山ある。

 

Superstitions abound.

→迷信は沢山ある。

 

Blessings abound.

→恵みに満ち溢れている。

 

Corruption abounds in this country.

→この国には汚職が沢山ある。

 

Darkness and strangeness abound in children’s literature.

→児童文学には闇と奇妙さが沢山ある。

 

Rumors abound about the school's Seven Mysteries.

→学校の七不思議という噂がある。

 

Rumors abound that this company will unveil a new camera this year​.

→今年、この会社は新しいカメラを発表すると噂されている。

 

Many theories abound about this mysterious object.

→この不思議な物体について多くの説がある。

 

Lots of theories abound that he was murdered.

→彼は殺されたという説が沢山ある。