「always」の意味は「いつも」ではない! always の使い方と正しい位置

 

always」は「いつも」や「常に」と訳されます。

 

しかし、その訳がぴったりくるのは現在形だけです。

 

 

この記事では、always の本来の意味と使い方を例文を交えて見ていきます。

 

 

現在形の always

 

現在形で使われる always の意味は「いつも」です。

 

 

例えば、「I always jog in the morning.」という文。

 

意味は「私はいつも朝にジョギングをします」です。

 

 

現在形は普段のことを表すので、「I jog in the morning.」だけでも普段ジョギングをしていることを表しています。

 

そこに always を入れることで「いつもしている」と強調させることができます。

 

 

いつも6時に起きています

 

なら

 

I always get up at 6.

 

 

彼女はいつも助けてくれる

 

なら

 

She always helps me.

 

となります。

 

現在進行形の場合

 

現在進行形で使われる場合は「いつも~している」になり、行為の繰り返しを強調させる働きをします。

 

 

有名な例文がこちらです。

 

He is always complaining.

 

意味は「彼はいつも文句ばかり言っている」。

 

 

「He is complaining.(彼は文句を言っている)」に always を加えることにより、「いつも文句を言っている」となります。

 

未来形の always

 

未来形で使われる always の意味は「(これから)ずっと」や「いつまでも」です。

 

 

次の文は、よくある「will + always」の形です。

 

It will always be free.

 

意味は「これからずっと無料です」。

 

これを「これからいつも無料です」と訳すと、通じはするものの少し不自然です。

 

 

次の文も同様です。

 

I will always remember this moment.

 

意味は「私はこの瞬間をずっと覚えているだろう」で、「いつまでも覚えている」ことを表しています。

 

完了形の always

 

完了形で使われる always の意味は「(これまで / 今まで)ずっと」です。

 

日本語に訳す際は「以前から」や「昔から」がしっくりくる場合もあります。

 

 

例えば、「I have always loved you.」という文。

 

意味は「(昔から)ずっと愛しています」で、日本語的に言うなら「今までずっと好きでした」ということを表しています。

 

 

彼女は昔からアメリカが好きです

 

なら

 

She has always liked the U.S.

 

となります。

 

always を入れる位置

 

always の品詞は副詞です。

 

これをどこに入れるのかというと、notの位置です。

 

 

先述の例文で見てみます。

 

「I get up at 6.」を否定文にすると「I don't get up at 6.」です。

 

よって、「I always get up at 6.」になります.

 

 

進行形の場合は「be動詞 + not + 動詞のing」の語順です。

 

そこから、「He is always complaining.」となります。

 

 

完了形の否定形は「have + not + 動詞の過去分詞」です。

 

よって、「I've always loved you.」になります。

 

 

よく、置かれる位置の説明として「be動詞のあと」や「動詞の前」と言われますが、「not(否定語)の位置」と覚えた方が分かりやすいと思います。

 

almost always の意味

 

almost always」の意味は「ほとんどいつも」で、現在形で使われることが多いです。

 

日本語と同じで、「常にではないけど、大体そうである」のニュアンスを持ちます。

 

 

例文

 

I almost always go to work by train.

 

→だいたいいつも電車で通勤している。

 

 

The answer is almost always no.

 

→答えはほとんどノーです。

 

 

I almost always have to use a 3D model.

 

→ほとんどいつも3Dモデルを使わなければいけません。

 

 

The temperature in this area is almost always below zero throughout the winter.

 

→このエリアの気温は冬を通してほとんど氷点下です。

 

 

always の語源

 

always の本来の意味は「ずっと」です。

 

何故かというと、理由は語源にあります。

 

 

always は古英語「ealne weg」に由来しますが、これには「ずっと」という意味がありました。

 

そこから「all the way(ずっと)」が生まれ、それが縮まって always になります。

 

 

綴り的には、この「s」は副詞を作る接続詞の役割を果たします。

 

sometimes(時々)」や「nowadays(最近 / 近頃)」も、その「s」を意味します。

 

always の例文

 

I'm always with you.

 

→いつもあなたと共に。

 

 

I will always love you.

 

→(これからも)ずっと愛します。

→いつまでもあなたを愛し続けます。

 

 

He always get home in time for dinner.

 

→彼はいつも夕食の時間に間に合うように帰宅する。

 

 

I will always remember you.

 

→ずっとあなたのことを覚えています。

 

 

I've always looked up to you.

 

→ずっとあなたを尊敬しています。

 

 

I've always been a fan of his art.

 

→以前から彼のアートのファンです。

 

 

I've always wanted you to come back.

 

→ずっと戻って来て欲しいと思っています。