「予約」という意味の「reservation」と「appointment」の違い

 

 

「reservation」と「appointment」の違い

 

reservation」と「appointment」はどちらも「予約」という意味の名詞です。

 

使い方も同様で、「make a reservation」と「make an appointment」で「予約をする」になります。

 

予約がある」と言いたい場合は「have」が使われ、「have a reservation」と「have an appointment」になります。

 

この似ている単語のニュアンスには明確な違いがあります。

 

それは、「場所」か「人」の違いです。

 

 

reservation」は、レストランや飛行機などの席、ホテルのような場所の予約をする時に使われます。

 

appointment」は、日にちや時間を決めて人と会う約束をする時に使われます。

 

 

日本語でも「アポを取る」と言いますが、それは事前に人と会う約束をすることから「appointment」が使われています。

 

英語で「病院の予約」は間違いやすい

 

間違いやすいのが病院関係です。

 

病院の予約は「appointment」を使います。

 

何故なら、病院に行く理由は、医者という「人」に診てもらうからです。

 

I need to make an appointment at the dentist.

→歯医者の予約しなきゃ。

 

I made an appointment to see a doctor.

→病院の予約をしました。

(=医者に診てもらうための予約をしました)

 

他にも、美容室なども同様で、人に何かしてもらうための予約は「appointment」が使われます。

 

「reservation」と「appointment」の例文

 

I'd like to make a reservation for two on Sunday evening.

→日曜の夜に2人分の席を予約したいのですが。

 

I'd like to confirm my reservation.

→予約の確認をしたいのですが。

 

I'd like to cancel the reservation.

→予約をキャンセルしたいのですが。

 

Do you have a reservation?

→予約していますか?

 

For reservations, please call 123 -456 - 789

→ご予約は123 -456 - 789までお電話下さい。

 

I'll make an appointment with the doctor tomorrow.

→明日、医者に予約を入れます。

 

Can I make an appointment for tomorrow?

→明日の予約はできますか?

 

I have an appointment with Mr.Tanaka at 10 o'clock.

→10時に田中さんとの約束があります。