英語で「仲がいい」の3つの言い方。「親友」は何と言う?

 

 

英語で「仲がいい」の言い方

 

仲がいい」や「仲良し」を英語では「be close」を使います。

 

例文

We are close.

 

→私たちは仲がいい。

 

誰々と仲がいい」は「close to 誰々」か「close with 誰々」の形になります。

 

例えば、「彼女と仲がいいですか?」なら「Are you colse to her?」となります。

 

 

ただし、「私と誰々は仲がいい」と相手を明確にしたい場合以外は「I'm close to(with) 誰々」ではなく「We're close.」の形が一般的です。

 

close は心の距離

 

形容詞「close」は「(場所や数などが)近い」という意味ですが、人の場合は「心の距離が近い」のイメージです。

 

そこから、「親しい」や「親密」の意味になります。

 

 

英語で「親友」は「a close friend」が近い

 

日本語の「親友」に近いのは「a close friend」です。

 

 

直訳だと「親しい友達」ですが、文字通り「心の距離が近い友達」を表しています。

 

「best friend」と「close friend」の違い

 

似た言葉に「best friend」があります。

 

これは最上級の「best」が使われているように、「一番の親友」を表すことが多いです。

 

 

ポケモンで例えると、「サトシには友達や仲間が沢山いるけど、その中のベストフレンドはピカチュウ」のイメージが近いかもしれません。

 

英語で「仲がよくない」の言い方

 

逆に「仲がよくない」と言いたい場合は「be not close」になります。

 

 

例文

 

We're not close.

 

→私たちは仲が良くない。

 

 

He's not that close with her.

 

→彼は彼女とはあまり仲良くない。

 

 

close の発音

 

close の発音記号

 

【klous】

 

 

カタカナにすると「クロウス」で、「ス」と濁りません。

 

 

クロウズ」だと動詞の「close(~を閉める / 閉まる)」になります。

 

get along の意味

 

get along」も「仲がいい」を表します。

 

ここには「仲がいい」から「相性が良い」のニュアンスが含まれます。

 

相性の良し悪しは、日本語の「馬が合う」に近いです。

 

 

例文

 

We get along.

 

→私たちは仲がいい

 

 

I've just never gotten along with him, for some reason.

 

→なぜか彼とは馬が合わないんです。

 

(ENGLISH EX p452 より)

 

 

逆に「We don't get along.」は「相性が良くない」、つまり「(人間的に)合わない」のニュアンスを持ちます。

 

「be on good terms」は「親しい間柄」

 

be on good terms」の意味は「親しい間柄」や「良い関係」です。

 

誰々と」は「be on good terms with」の形になります。

 

 

 

例えば、「私は同僚と仲がいい / 良い関係である」と言いたい場合。

 

英語では「I'm on good terms with my coworkers.」になります。

 

 

この文を言い換えると「職場の人たちと仲良くしている」で、普通の友人関係とは少し異なる部分があります。

 

「仲がいい」の例文

 

We are really close.

 

→私たちはとても仲がいい。

 

 

He's close to Nick.

 

→彼はニックと仲がいい。

 

 

Are your parents close?

 

→あなたの両親は仲がいいですか?

 

 

They're not close.

 

→彼らは仲がよくありません。

 

 

I'm not on good terms with her.

 

→彼女とは仲がよくありません。

 

 

“Lisa, are you getting along with Nick?”
”Once in a while, I think of divorcing him.”
“You must be kidding!”

 

 

「リサ、ニックとうまくやってる?」

「時々、離婚を考えることがあるわ」

「冗談だろ!」

 

(DUO3.0 例文529 より)

 

 

I must admit we quarrel every now and then, but generally we're on good terms with each other.

 

→確かに、私たちは時々口げんかもしますが、普段は仲良くやっています。

 

(DUO3.0 例文200 より)

 

 

The fact is, I'm not on good terms with Debbie.

I run into her once in a while on campus, but we seldom exchange greetings.

 

→実は私、デビーとは親しい間柄ではないんです。

時々キャンパスで顔を合わせますが、お互い挨拶を交わすことはほとんどありません。

 

(ALL IN ONE 例文195 より)

 

 

まとめ

 

・「(誰々と)仲がいい」は「be close(to または with)」

 

・親友は「close friend」

 

・「best friend」は「一番の親友」

 

・close の発音は「クロウス」

 

・get along は「仲がいい」から「相性が良い」まで

 

・be on good terms (with ~)は「(~と)親しい間柄」