MENU

「be onto something」の意味を映画「チャーリーとチョコレート工場」で学ぶ

 

 

be onto something の意味

 

be onto something」には「良い所に気付く」や「大事なことに気付く」という意味があります。

 

何故このような意味になるのかというと、口語の「onto」には「~に感づいて」という意味があり、そこから来ています。

 

よって、「be onto something」も口語的な表現です。

 

チャーリーとチョコレート工場の be onto something

 

映画「チャーリーとチョコレート工場」のラストの家族で食事をしているシーンにて。

 

ウィリー・ウォンカにこのようなセリフがあります。

 

チャーリーとチョコレート工場 より

映画「チャーリーとチョコレート工場」より

 

I think you're onto something, though, Charlie.

 

日本語字幕

「君の言うとおりだった」

 

直訳

「でも君は大事なことに気付いていると思うよ、チャーリー」

 

 

このように、「人 + be onto something」の形で使われることがほとんどで、「think」と組み合わされることも多いです。

 

また、「He might be onto something(彼は気付いているかもしれない).」のように、might が入るパターンもあります。

 

 

ちなみに、日本語吹き替えはこうなっています。

 

吹き替え

「それいい考えだよ、チャーリー」

 

 

チャーリーは何を言い、どのようなことに気付いているのかは、ネタバレかつ物語の重要な部分なので是非映画をご覧ください。