英語で「お願い」するときの厳選フレーズ【favor編】

 

 

英語の「お願いフレーズ」は沢山ある

 

日本語でも

 

・お願いがあるんだけど

・お願いがあるのですが

・お願いしたいのですが

・お願いしたいことがあるのですが

・頼みたいんだけど

・申し訳ないけど

 

など、言いたいことは同じでも、丁寧さの違いや少し言葉の違う言い方が沢山あります。

 

それと同じように、英語でも似たようなお願いフレーズが沢山あります。

 

そこで今回は、英語で「お願い」を表す名詞「favor」を使ったよく見かける表現を厳選してまとめてみようと思います。

 

「favour」はイギリス英語の綴りです。

 

英語で「お願いがあるんだけど」

 

1つ目のフレーズは「I have a favor to ask」です。

 

I have a favor to ask you」のように、「you(もしくは of you)」が付く場合もあります。

 

これは日本語の「お願いがあるんだけど」になります。

 

 

I have a favor to ask. +文章」で「お願いがあるんだけど、~してくれますか?」などとなります。

 

本題に入る前の前置きの言葉で、その後に頼みたいことやお願いしたいことを言います。

 

I have a favor to ask. would you tell me what happened?

→お願いがあるんだけど、何があったか教えてくれますか?

 

A「I have a favor to ask(お願いがあるんだけど)」

B「Ok(どうぞ)」

A「Can you wash the dishes?(お皿を洗ってくれる?)」

 

英語で「お願いがあるのですが」

 

2つ目は「I'd like to ask you a favor」です。

 

これは先述の「I have a favor to ask」の丁寧な言い方で、「お願いがあるのですが」となります。

 

使い方も同様です。

 

I'd like to ask you a favor. Would you give me some advice?

→お願いがあるのですが、アドバイスを頂けますか?

 

英語で「お願いしてもいいですか?」

 

3つ目は

 

・「Could(would) you do me a favor?

・「Could I ask you a favor?

 

の2つです。

 

これは「お願いしてもいいですか?」と、相手に尋ねるフレーズです。

 

相手が「Ok」「Go ahead」「Sure」などと返事をしてくれたら、その後にお願いしたいことを続けるのは、上記のフレーズと同様です。

 

もしくは「Could(would) you do me a favor and ~」と、「and」で繋げて1文で表すこともできます。

 

また、「Can you do me a favor?」や「Can I ask you a favor?」だと少しカジュアルになり、「お願いしてもいい?」となります。

 

親しい友人同士なら「Do me a favor」と更にフランクに言うことできます。

 

Could you do me a favor and read this?

→お願いがあるのですが、これを読んでくれますか?

 

A「Could I ask you a favor?」

B「Sure」

A「May I have your phone number?(電話番号を教えてくれますか?)」

 

Do me a favor.

→頼みがあるんだけど。

 

まとめ

 

「I have a favor to ask」

→お願いがあるんだけど

 

「I'd like to ask you a favor」

→お願いがあるのですが

 

「Can you do me a favor?」

「Can I ask you a favor?」

→お願いしてもいい?

 

「Could(would) you do me a favor?」

「Could(would) you do me a favor and ~」

「Could I ask you a favor?」

→お願いしてもいいですか?

 

 

今回は、英語でお願いを表す「favor」に焦点を当ててみました。

 

急に話を切り出すのではなく、本題前にお願いフレーズを挟むことにより、頼みごとのクッションになります。

 

 

そして、似たようなフレーズが沢山ある時は、自分が使うフレーズを厳選し、丸暗記して口からパッと出るようにしておくのがコツです。

 

その他の類似のフレーズは無理して全部覚えようとせず、相手が言った時に理解さえできれば十分だと思います。