「Here's the deal」の意味と使い方。「It's a deal」の意味との違いとは

 

 

「Here's the deal」の意味と使い方

 

Here's the deal」の意味は

 

こうしよう

つまりこういうこと

よく聞いて

 

などで、本題に入る前の前置きのフレーズとして使われます。

 

 

deal」は「取引」や「取り決め」という意味の名詞として使われています。

 

「Here's the deal」を直訳すると「これが取り決めになります」。

 

そこから、細かく言うと

 

取引や取り決めの提案 → こうしよう

物事の状況説明 → こういうことになっているからよく聞いて

 

になりますが、「Here's the deal」を1つの前置きの表現として丸暗記した方が早いフレーズです。

 

「It's a deal」の意味

 

似たようなフレーズに「It's a deal」があります。

 

意味は「それで決まり」や「そうしよう」です。

 

「Here's the deal」が取引の提案だとしたら、「It's a deal」は取引の同意をイメージすると分かりやすかもしれません。

 

OK, it’s a deal」や「All right, it's a deal」のような形で、「よし、それで決まり」や「よし、そうしよう」として使われます。

 

これらは主に口語で使われる表現です。