独学で英語のリスニングを上達させる勉強法は4つ!

 

 

独学でリスニングを上達させる方法

 

英語のリスニング力を上達させるために、大きく分けて4つの勉強法があります。

 

それを1つずつ見ていこうと思います。

 

単語の発音を知る

 

1つ目は、単語の正しい発音を知ることです。

 

英文が聞き取れない理由の1つに、カタカナ英語・和製英語と本来の発音との違いがあります。

 

そのため、本来の英語の発音をきちんと理解することが、リスニング上達のカギの1つです。

 

そして、正しい単語の発音を知ることは、自分が話す際に、きちんと聞き取ってもらえることにも繋がります。

 

音と音の繋がりを知る

 

2つ目は、音と音の繋がりを知ることです。

 

単語と単語が繋がると、別の音になります。

 

例えば、「Did you ~」は「ディドゥ ユー」ではなく、「ディジュー」になります。

 

このような音の繋がりをリンキングと言います。

 

英語はこの繋がりを理解していないと、途端に聞き取るのが難しくなります。

 

この繋がりを勉強するには、実際の音(文章)を聞く必要がります。

 

その練習の初期段階として、CDが付いている文章や会話形式の教材が適切です(後述します)。

 

そして、単語や短いフレーズを個別にリスニング練習ができる「Youglish」というサイトもあります。

 

www.1karaeigo.com

 

英文のリズムを知る

 

3つ目は、英文のリズムです。

 

英語の文章には英語特有のリズムがあります。

 

日本語読みやカタカナ英語が頭にある状態でリスニングをすると、文章について行けず、混乱してしまいます。

 

それを克服するには、先述の単語の正しい発音と音の繋がりを学ぶことに加え、簡単な文章を真似して発音してみるのが効果的です。

 

最初は短めの文章を聞き、それと同じように発音してみます。

 

色々な文章を使って練習すると、文章内の単語の強弱や文章のリズムがだんだんと分かってきます。

 

難しければ、文章を細かく切りながら真似し、最後に1文を通して言えるようにします。

 

まずは簡単なものから始め、少しずつ難易度を上げていきます。

 

長い文章を聞く

 

4つ目は、長めの文章を聞くことです。

 

短文なら聞き取れるけど、長めの文章になると、少しずつ理解が遅れ、聞き取れなくなる。

または聞き取れても、意味を取るのに時間が掛かる。

 

という問題を解決してくれるのが、長めの文章によるリスニング練習です。

 

長い文章を聞くことにより、リスニングの体力を付けていきます。

 

ただし、これは少し難易度が高めです。

 

リスニング練習におすすめの本

 

リスニング練習の導入の教材として、

 

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

が文章の長さや内容的に最適だと思います。

 

速読速聴・英単語 Basic 2400は、ほとんどが数行~3分の2ページの文章です。

 

基本的に会話形式ですが、日記形式、童謡、物語なども含まれています。

 

音声スピードも最初のセクションはゆっくりで、だんだんと通常の速さになっていきます。

 

このようなテキストは、単語の発音、音と音の繋がり、英文のリズムを知るのにとても役立ちます。

 

 

他には「英単語・熟語ダイアローグ Basic1200 三訂版」もあります。

 

こちらも同じように、1ページの会話形式の単語帳になっています。

 

それらの詳細や、それ以外の英文(会話)・例文形式の単語帳はこちらをご参照下さい。

 

www.1karaeigo.com

 

まとめ

 

・単語の正しい発音を学ぶ

・カタカナ英語と和製英語を矯正する

・音と音の繋がり(リンキング)を学ぶ

・英文のリズムを学ぶ

・長め文章でリスニングの体力を付ける

・それらを意識しながらひたすらリスニング練習

 

そのように、少しずつレベルを上げながら、最終的には映画やドラマなど、実際の会話を聞き取る練習に移っていきます。

 

最初から難しい題材で練習すると、モチベーションが続かなくなります。

 

段階を踏んでいくのが学習を続けるコツでもあります。

 

1日1英文や1ページでも良いので、毎日コツコツと続けることが何よりも大切です。

 

【関連記事】

www.1karaeigo.com

www.1karaeigo.com

 

その他の記事

www.1karaeigo.com