MENU

「わかる」という意味の「tell」の使い方と「話す」との見分け方

 

 

tell(分かる)の使い方

 

I can tell.」は「私には分かります」という意味です。

 

I can tell the difference.」なら「違いが分かります」となります。

 

 

注意点は、この「わかる」とは理解することではなく、「察する」や「見て判断できる」のニュアンスを持つ点です。

 

 

この「分かるの tell」には決まった使い方があり、

 

can と組み合わさる

tell の後ろに名詞や文章が続く

 

というのが「tell = 分かる」になる1つの目安です。

 

 

例文

 

I can tell you like her.

 

→あなたが彼女を好きだということが分かります。

 

 

I can tell what you're thinking.

 

→あなたが考えていることが分かります。

 

 

How can you tell?

 

→どうして分かるの?

 

 

I can tell something's wrong, but I don't know what.

 

→何かがおかしいのは分かりますが、それが何かは分かりません。

 

 

I can't tell at all.

 

→全然分かりません。

 

 

I can't tell where I am.

 

→どこにいるか分かりません。

 

 

I can't tell the difference.

 

→違いが分かりません。

 

 

Can you tell the difference between A and B?

 

→AとBの違いが分かりますか?

 

 

I can't tell if it's going to rain or not.

 

→雨が降るかどうかわかりません。

 

 

I can't tell whether she's a good or a bad person yet.

 

→彼女が良い人なのか悪い人なのかまだ分かりません。

 

 

It's impossible to tell the difference.

 

→違いを見分けるのは不可能です。

 

 

 

このように、can とのセットや「tell + 名詞 or 文章」の形になるのが「わかる」としての使い方です。

 

そのため、「話す」「言う」「教える」という意味とは、文章の構造で区別することができます。

 

tell(話す)との見分け方

 

「~に話す / 言う / 教える」の tell の後ろには人が入ります

 

例文

 

He told me about this statue.

 

→彼はこの像について話してくれた。

 

 

I'll tell him later.

 

→あとで彼に言います。

 

 

Can you tell me your name?

 

→名前を教えてくれます?

 

 

I told him to go home.

 

→私は彼に家に帰るよう言った。

 

 

She told the children the story of Bethlehem.

 

→彼女は子供たちにベツレヘムの物語を話しました。

 

 

He didn't tell me why.

 

→彼は何故かを(理由を)教えてくれなかった。

 

 

Can you tell me how to get to the station?

 

→駅への生き方を教えてくれますか?

 

 

このように、「tell + 人」が基本の形になります。

 

tell the truth などの場合

 

他にも「tell the truth(真実を言う)」や「tell a joke(冗談を言う)」などの表現があります。

 

「これって tell + 名詞じゃないの?」と思うかもしれません。

 

が、実はこれは「tell me the truth」や「tell a joke to you」から人の部分が省略された形になっています。

 

※「tell + 人 + 名詞」は「tell + 名詞 + to + 人」に書き換え可能です

 

 

このように、誰に言うか明確な場合は略される場合があります