「It's up to you」の2つの意味と応用の仕方

 

 

It's up to you の意味と使い方

 

It's up to you.」には2つの意味があります。

 

It's up to you の意味

 

あなたに任せる / あなたが決めて

 

あなた次第

 

 

次は例文で比較してみます。

 

例文1

 

「Where do you want to go for lunch?」

 

「It's up to you.」

 

 

「お昼どこに行く?」

 

「あなたに任せる / あなたが決めて」

 

 

例文2

 

「If only I could conquer my weaknesses!」

 

「It's up to you.」

 

 

「自分の弱点を克服できさえすればなあ」

 

「あなた次第よ」

 

(DUO3.0より)

 

 

 

他にも、「Whether ~ or not is up to you.」の形で「~かどうかはあなた次第」という使い方もできます。

 

例文

 

Whether we win the case or not is up to you.

 

→我々が裁判に勝てるかどうかはあなた次第です。

 

 

It's up to you to の意味と使い方

 

応用として、後ろに「to ~」を続けることにより「~するのはあなた次第」と言うこともできます。

 

例文

 

It's up to you to believe or not.

 

→信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

It's up to you to keep learning.

 

→学び続けるかどうかはあなた次第です。

 

 

It's up to you to create a new relationship.

 

→新しい関係を築けるかはあなた次第。

 

 

It is up to you to give life a meaning.

 

→人生に意味を与えるのはあなた次第。

 

 

まとめ

 

・「It's up to you.」の意味は「あなたに任せる / あなたが決めて」と「あなた次第」

 

・「Whether ~ or not is up to you.」の形で「~かどうかはあなた次第」

 

・「It's up to you to +動詞の原形」で「~するのはあなた次第」