「Don't judge a book by its cover」の意味は日本語の何ということわざ?

 

 

「Don't judge a book by its cover」の意味

 

Don't judge a book by its cover」を直訳すると、「本の表紙で本(の中身や良し悪し)を判断するな」です。

 

つまり、何事も外見ではなく、その中身を見て判断する、ということになります。

 

これは「見かけで判断してはいけない」という日本語と同じ表現です。

 

英語では比喩表現として「本」を使っていますが、同じくモノを使った日本語のことわざに、「椀より正味」というのがあります。

 

これは「お椀で判断するのではなく、中身(の料理)で判断する」という意味です。

 

本とお椀は違えと、ほとんど同じことを言っているのが面白いですね。

 

この表現は英語・日本語に限らず、他の言語にも似たような表現があるようで、世界共通のことのようです。

 

また、人を直接に指して、

 

Don't judge people by appearances.

→人を外観(見かけ)で判断するな。

 

もしくは人に限らず、

 

Don't judge by looks.

→見た目で判断するな。

 

と言うこともできます。

 

キング牧師のスピーチ

 

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.

 

これはキング牧師の有名な「私には夢がある」というスピーチの一節です。

 

私には夢がある。いつの日か、私の幼い4人の子供たちが肌の色ではなく、人格(人柄や個性、性格など)の中身によって判断(評価)される国に住むという夢である

 

このように、by 以下に具体的なものを入れて使うこともあります。

 

not A but B → AではなくB